【気象庁ダウン】4/16 10時から気象庁HPが接続できない不具合発生

Sponsored Link

現在、気象庁のHP(Webサーバ)がダウンしています。

4/16 10時から気象庁HPが接続できない状態になっています。こういった不具合は珍しいと思われたのか、テレビのニュースでも報じられました。

4/16 10時から気象庁HPが接続できない不具合発生

4/16 10時から気象庁HPが接続できない状態になりました(現在は復旧中)。こういった不具合は珍しいと思われたのか、テレビのニュースでも報じられました。

発表では、メインサーバとアクセス対策で補強した予備サーバが連携できておらず、Webが見られない状態となっているそうです。

これにより、「天気予報」や「天気図」、「アメダス」や「レーダー」、それに「地震情報」など、ほぼすべての情報が正常に表示できない状態となってしまいました。

404エラーページが表示されるので、ページ自体が存在していないとされるエラーです。

ロードバランサーが正常動作していないのでしょうか?

なお、復旧の目途はたっていないとのことでしたが、12時前には完全ではありませんが閲覧できる状態となっています。

16日午前、気象庁のホームページに障害が発生し、現在も天気予報や天気図などほぼすべての情報が、正常に表示できない状態になっています。
一般に情報を公開するためのサーバーの不具合が原因だということで、気象庁は復旧を急ぐとともに、詳しい原因を調べています。
気象庁によりますと、16日午前10時ごろから、気象庁のホームページに障害が発生し、現在も「天気予報」や「天気図」、「アメダス」や「レーダー」、それに「地震情報」など、ほぼすべての情報が正常に表示できない状態になっています。
気象庁によりますと、一般に情報を公開するためのサーバーとよばれるコンピューターに不具合が生じているということですが、詳しい原因はわかっていないということです。
現在、気象庁が復旧作業を急いでいますが、いまのところ、復旧のめどは立っていないということです。
気象庁は「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。状況が分かり次第改めてお知らせします」としています。

なお、2013年2月4日にも気象庁のスパコンが水冷障害でダウンするという事態が発生していました。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。