【格付けチェック】やしろツアーズの二の舞「常識のある神社参拝」という企画を放送

Sponsored Link

3/31放送『芸能人格付けチェック』では「常識のある神社参拝」という企画があるようです。

しかし、以前も書きましたが、神道では厳密な祭式の作法があることは事実ですが、それを皆さんが気にする必要は一切ないということです。

神道では厳密な祭式の作法がある


このブログは前に書きましたが、全員が神道(神社)関係にあるものばかりです。よって、正式に祭式について専門教育を受けた者ばかりです。

20150331105000

上の図は京都市北区「今宮神社」です。ここは、神前に立ち入れない領域があります。これはワザとこうしています。

神道祭式は、神前と正中(せいちゅう)を基軸として、入れないエリアが厳密に決まっています。(今宮神社はかなり広めに設定してありますが、実際には正中のところだけが入れません)

また、配置される場所によってどのように動くのかも厳密に決まったものとなっています。

例えば、手と足は右左どちらから動かすかが、神前と自分との位置関係で全く違うのです。

また、足の動かし方は「つま先」と「かかと」の角度も決まっているし、足の動かし方もまるでダンスかと思うような動作が規定されています。

しかし、これはあくまでも「祭式」での決まり事です。

一般的には失礼のないようにすれば良い


2015-03-31_110621

3/31放送『芸能人格付けチェック』では「常識のある神社参拝」として、神社のお作法の一部を抜粋して「鳥居のくぐり方、手水、参拝の仕方など」などが出来ているかで芸能人の格付けをするという企画です。

しかし、神道はそういった格付けを行うものでは決してありません。

企画では「参拝の仕方」とありますが、正確なことをいえばテレビで教えている「参拝の仕方」は完全ではありません

そして、それが完全である必要もないし、一般の参拝される方々が、それを守っていないからといって、その人のなにが決まるわけでもありません。

これは、以前書いた記事でも主張しました。

大事なのは「自然に対して畏怖の念を持つ」ことであり、「驕らず昂らず」であることです。

我々が、最近の自称保守(ネトウヨ)やヘイト(民族差別)そして安倍政権の政策に真っ向から反対するのは、神道の考え方に反しているからです。

また、3/31放送『芸能人格付けチェック』昨年12/7に放送された『正しくお参り!バッチリ開運!やしろツアーズ』に異を唱えてきたのは、大事なことをないがしろにし、大事ではないことをお作法とし、それが出来なければダメというレッテルを貼っているからです。これは神道精神に反する番組です。

【やしろツアーズ】12/7夕方の田村淳さん「正しくお参り!バッチリ開運!やしろツアーズ」を見て思うこと

番組でチェックされる項目


番組予告では、以下のチェックが書かれていました。

お作法の前に精神的なことを教わることが先だと思います。

鳥居のくぐり方(中央を避けて歩けているか、)
手水(正しい順番)
参拝の仕方(中央を避けて歩けているか、二拝二拍手一拝)

テレビなどでは「手水のお作法」として「柄杓も清める」というのが、よく出てきます。しかし、これは「手水のお作法」としてはなくても良いものです。

あと、まったく出てこないのが「身に着けている」ものについてです。

拝殿する際には、荷物は近くに置き、帽子は取ります。上着も厚いものの場合は脱ぎます。

細かいことをいえば、他にもたくさんあるのです。しかし、最初にも書きましたが、それが出来る・出来ないで貴方の格が決まるだなんてことは一切ありません。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。