【激安1800円PCまとめ】マウスコンピューターが1865円と書いたパソコンを3/7にヤフーで販売(mouse computer)

Sponsored Link

3/7 0時頃にマウスコンピューターで1865円の「Core i7」搭載パソコンが販売されて注文殺到となっています。

もちろん、1865円というのはお値段の誤表記で、正しくは186500円です。つまり、2ケタ分ゼロが抜けていました。

Sponsored Link


マウスコンピューター スティック型WindowsPC / m-Stick (Win8.1withBing/AtomZ3735F/2GB/32GBeMMC) MS-NH1-AMZN

マウスコンピューターで1865円の「Core i7」搭載パソコン


2015-03-07_043902

3/7 0時頃にYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)で価格誤表記で発売されたパソコンは以下のとおりです。

マウスコンピューター [ MDV-GZ7560X2-SH-W7H-AP ] 【 Windows 7 64ビット/Core i7-4790/GeForce GTX970/16GBメモリ/120GB SSD/1TB HDD 】Officeモデル

スペックは「Windows7」で「Z97」チップセットに「Core i7-4790」を積んでおり、SSD「120GB」、VGA「GTX970」です。普通に考えて1865円はありえません

インテル Core i7-4790 プロセッサー
NVIDIA GeForce GTX970
16GBに無償アップグレード
SSD:120GB インテル 530 シリーズ Serial ATAIII
ハードディスク:1TB
チップセット:インテル Z97 Express

注文殺到


mousepc

当然ですが「mouse computer」で購入する客が後を絶えない状況となりました。

お詫び掲載


2015-03-07_044651

3/7 4時前には「在庫切れ」となり、マウスコンピューターからはお詫びが掲載されました。

平素より弊社製品をご愛用頂き誠にありがとうございます。

3月7日午前0時ごろより、当社Yahoo ショッピング店におきまして製品価格の誤った金額が掲載されて
おり、お客様からのご注文が殺到しております。

○URL
http://store.shopping.yahoo.co.jp/mousecompute/mdv-gz7560x2-sh-w7h-ap.html

○誤掲載内容
【誤】通常販売価格1,865円(税込)
【正】通常販売価格186,500円(税込)

誤った金額でご注文いただいたお客様には、大変恐縮ではございますがご注文取り消し手続きを取らせ
ていただくこととなります。ご注文いただいたお客様には、明日以降お詫びと詳細につきましてご連絡
させていただきますので今しばらくお待ちくださいますようよろしくお願い申し上げます。

ホームページ上の価格掲載に関しては細心の注意を払って掲載するよう努めておりますが、このような
事態を発生させましたこと、深くお詫び申し上げます。

ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ありませんが、何卒御容赦頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

規約上は正規の価格を支払う必要がある


なお、誤表記であっても、それが間違っていた場合は正しい金額に修正されて発注となります。

その訂正後の金額を支払えば、無事にパソコンが届くことになりますが、支払いを拒否するとキャンセルとなります。

申し込んでも、安く買えたり、お詫びでなにかもらえたりしません。

過去に丸紅は誤表記でも売ったとする煽りTweetが拡散される

「丸紅ダイレクト」の対応が非常識だっただけで、そんなことをショップがいちいちする必要はありません。

他にも「激安」ばかり集めた記事があります!

Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。