【BOYS AND MEN】名古屋・大須の超元気アイドルユニット「OSU」が全国レベル、でも僕は「ボイメン」が好き

Sponsored Link

名古屋というのは不思議な土地柄で、名古屋では流行っているのに、他地域になぜかそれが広まらない・・・いやむしろ情報が流れないという独裁国家で鎖国しているような土地柄だったりします。

よく、「九州は外国」と言われます。あそこは女子がカワイイ以前にたぶん人種が違います。文化も見てわからないけど独特なものがあります。

「名古屋」は東海ではありますが、ノリは関西っぽい感じがします。しかし、なぜかあまり名古屋って名前しか知らない人が多いのです。それは、名古屋が三大都市(東京・大阪・名古屋)でありながら、独特の鎖国体制を敷いてきたからです、たぶん。

名古屋からは情報が流れてこない、流れてきても覚えられない

テレビなどでは大阪・京都・東京の話題などは頻繁に流れます。北九州の話題も流れれば「九州は食い物うまそうだなぁ」と印象が残ります。

しかし、「名古屋」はなぜか放送されることはあっても印象に残りません。

でも、実は名古屋には全国区レベルであっても良さそうなネタがゴロゴロしているのです。

上の写真は「名古屋駅」ですが「名駅」と呼んでください。地元では「名駅」と言うのです。それは別にどうでもいいのですが、名古屋という街は「メトロポリス」という言葉が相応しい巨大な都市なのです。また、行くとわかりますが、すごい賑やかな街です。さすが「日本三大都市」だけあります。

しかし、名古屋のことを皆さんは知っていますか?

名古屋にはたくさんのネタがゴロゴロしているにもかかわらず、それがなぜか知られないという特性があります。

名古屋最大のオタク文化発信地である大須商店街から超絶元気をお届けする高校生中心のアイドルユニット!


他地域のオタクでもなかなか行かないのに、オタク文化が賑やかなのが「大須」です。私も結構何度か行っていますが、20年くらい前から「大須」といえば電気街です。

大阪にも「日本橋」という電気街がありますが、大須もそこそこ賑やかです。

2015-02-25_023405

そこで活躍しているのが「OSU」というアイドルユニットです。中心にひとりでも高校生がいれば「高校生中心のアイドルユニット」です!

全国にはご当地アイドルはたくさんいるも、ここまで金かけて本格的な地域アイドルはなかなかいません。

ご当地アイドルって、ここまで金かけるものだったのでしょうか?(笑)

というか、名古屋では、これくらいが当たり前のビッグアイドルなのでしょうか?

Google検索で、このブログを見ようと「osumituki.com」と入力しようとして、メモリ不足でキー入力が「osu」で検索して、やっと知ることができました。Google様、ほんとありがとうございました。

URL:http://osu-idol.com/
URL:http://www.osu.co.jp/ (大須商店街)

名古屋のアイドルといったら「ボイメン」しかいない


「OSU」も悪くないけど、やっぱり名古屋のアイドルといったら「ボイメン」です。略して「BOYS AND MEN」で、通称「薄井麺」です。

2015-02-25_024718

2/28には「1万人ライブ」をするほどの超実力派アイドルユニットです。(すでにチケット完売)

平たくいうと、東海地域のイケメンアイドルユニットです。

涙なしには語れないので、ここでは割愛しますが、名古屋では冠番組「ボイメン☆騎士」を持っている超・ご当地アイドルです。なぜ、全国区ではないのか、おっさん不思議でなりません。

寒い日も暑い日も、街頭で無料ライブをし、チラシを配る・・・・アイドルです。

「ラーメン、イケメン、僕ボイメン」です。

でも、誰も知らないですよね?

それが「名古屋」という土地なのです。

そして、そういった他地域には流れないものの、実は名古屋内では超盛り上がっていたりすることも多くあるのが名古屋なのダギャー。


『BOYS AND MEN』に関係する記事一覧はこちらです。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。