【イスラム国問題】内藤正典がテレビ朝日「報道ステーション」に出演(おめぇ~)

Sponsored Link

2015年2月23日 23時頃のテレビ朝日「報道ステーション」で、終了間際に「イスラム国」の報道をやっていました。そこで、イスラム国の説明のためにひとりの学者がインタビューに応じていました。

同志社大学大学院 現代イスラム地域研究「内藤正典」です。

これを見て、「よく、テレ朝出したなぁ」と思いました。

ハサン中田(中田考)の弟子「内藤正典」


2015-02-23_230727

2015年2月23日 23時頃のテレビ朝日「報道ステーション」に出演した「内藤正典」です。

同志社大学大学院 現代イスラム地域研究「内藤正典」といえば、ハサン中田(中田考)の弟子みたいなものです。

師匠:ハサン中田(中田考、イスラム研究家)
弟子:内藤正典(同志社大学大学院 現代イスラム地域研究)

師匠の中田(中田考)は、イスラム国と唯一話のできる日本人です。

シリア内戦開始時から「あら、シリア反体制派に行ったのかな?」と思ったら、当時から残虐非道で知られていたアルカイダ系武装勢力に入り込んでいた唯一の日本人です。

証拠はないですが、たぶん当時の「アル・ヌスラ」か「IS」だと記憶してます。そのため、2014年10月頃に「私戦及び陰謀の罪」という珍しい罪まで適用して国家が捜索したほどの偉人です。

ハサン中田も内藤正典もイスラム過激派を擁護

上の写真がハサン中田(中田考)です。(ハサン中田は記念撮影しているだけです実戦参加はありません。上の写真は最近の国内での撮影のようです。)

とはいえ、シリア内戦勃発時から、シリアに入った日本人の中で、ひとりだけ過激派集団の中にいて、ライフル持って記念撮影していたのは事実です。他の日本人は「自由シリア軍」で実戦参加していましたが、ハサン中田だけは過激派にいたと記憶しています。

最近知った方は、記者会見の真面目な顔で真面目な話をしている彼しか知らないでしょうけど、彼はおちゃらけおじいさんです。

ハサン中田(中田考)は感じとしては「キャッピー♪ イスラムおじさんだぉ~♪」という感じの人です。ワタシ的にはアニオタヘンタイココロのセンセー的存在でもあります。

で、弟子の内藤正典(報ステに出た方)は、固い感じで口うるさい印象があります。(あくまでも私見です)

よく、テレ朝出したなぁ


『報道ステーション』に出ていた弟子の内藤正典は、過去シリア反体制派に擁護的な発言をして、誰かに喧嘩売っていたのを覚えています。

ハサン中田(中田考)はテレビに出せないとして、内藤正典もイスラム寄りという点では、メディアに耐えられるのかなと思いながら見ていました。

どちらかというと、左派寄りではありますので、出るなら『報道ステーション』なのでしょうけど。

※師匠のハサン中田はTBS「報道特集」に出演したことがあります。

2015年11月16日の『報道ステーション』に再出演

内藤正典はこういうインタビューではたまに出ています。

2015年9月もトルコ現地から中継。

2015年11月16日の『報道ステーション』にも再出演しているのを確認しました。

シリア反体制派に擁護的ということで、「よくテレ朝出したなぁ」とやっぱり思います。

とりあえず、おめでとうございます(笑)

ただ、あくまで私見ですが、アメリカという民主主義の押しつけで国家暴力を振るう大国と戦うイスラム国はある意味では存在を完全否定できるものではありませんが、内藤正典は過去のイスラム過激派擁護の発言から、メディアに耐えられる方だとは、やっぱり思えないのです。

『ひるおび』とか『正義のミカタ』とか『そこまで言って委員会NP』というネトウヨ番組


内藤正典が『報道ステーション』に出演するのは別に悪くありません。

単に、「よくテレ朝出したなぁ」とやっぱり思っただけです。

しかし、他にも『ひるおび』に毎度出てくる軍事ジャーナリストは、米英の帝国主義者の後押しを受けた「自由シリア軍」というテロ組織を日本で絶賛するというプロパガンダを行ってもいました。(シリア問題当初は日本では自由シリア軍を絶賛する報道番組が多かったのです)

hiruobi

『ひるおび』とか『正義のミカタ』というネトウヨ番組でも、似たような連中が当たり前のように出演しているのだから、別に内藤正典が『報道ステーション』に出演するのもいいんじゃないかと思うわけです。

石平(せきへい)とか、あれだけTwitterでネトウヨ炸裂しているのに、超ネトウヨ番組『そこまで言って委員会NP』に堂々と出演していますからね。

そういうことを考えれば、『ひるおび』とか『正義のミカタ』とか『そこまで言って委員会NP』というネトウヨ番組の方が、やっていることはもっとエグいです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。