【イスラム国臓器売買】2/18、イラク大使が国連安保理でイスラム国の臓器売買摘発を各国に要請「азета.Ru」紙報道(ロシア)

Sponsored Link


2/18、ロシアの「азета.Ru」紙が報じた記事が気になりました。

2015-02-18_232613

それによると、国連安保理でイラク大使が発表した話では「イスラム国が臓器売買を行っている」と発言しています。

元ネタは「Fox News」ということで、そっちを当たってますが、どこにあるのかよく分かりませんでした。ロシアの報道はそういうこと多い気はします。

国連安保理でイラク大使が発表した話では「イスラム国が臓器売買を行っている」と発言

上の「TOMO News」の動画は本件とは関係ありません。

ロシアの「азета.Ru」紙の記事によると、イラク大使は国連安保理で、イスラム国のようなテロリストの資金源として大きいもののひとつは「臓器売買」だと主張しています。墓地からは摘出手術をした痕跡も見つかっており、腎臓が摘出されたとしています。

イスラム国による最近の行動は、こういった臓器売買のためともイラク大使は発言しており、販売ルートの解明を国連で各国に要請しました。

Постоянный представитель Ирака при Совете Безопасности ООН сообщил, что боевики террористической группировки «Исламское государство» продают внутренние органы погибших, передает Fox News.
По мнению представителя Ирака, продажа органов является одним из самых важных путей финансирования террористической организации.
Постпред Ирака заявил, что в местах массовых захоронений были обнаружены тела с хирургическими порезами, при этом почти у всех погибших отсутствовали почки. Он подчеркнул, что, вероятно, боевики устраивают массовые казни для того, чтобы получить органы.
Более того, представитель Ирака призвал международное сообщество провести расследование, направленное на обнаружение способов сбыта внутренних органов.
«Исламское государство» и «Джебхат ан-Нусра» признаны в России террористическими организациями, деятельность которых официально запрещена.
URL: http://www.gazeta.ru/politics/news/2015/02/18/n_6935937.shtml

イスラム国に参加したドイツ人ラッパーがFBIの美人局に引っかかる

本件とは無関係ですが、冒頭の「TOMO News」では、他に「イスラム国に参加したドイツ人ラッパーがFBIの美人局に引っかかる」という記事も配信しています。

2/20追記:トルコがイスラム国へ参加希望している外国人を続々と国外追放中!


トルコがイスラム国で戦闘を希望する外国人を突如国外追放しだしたと報じられています。いったい、なにが起こっているのでしょうか?

以下の記事にて解説します。

【イスラム国】トルコがイスラム国入隊希望外国人1112名を国外追放(ISIS,ISIL)

その他の「イスラム国」関連記事はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。