【socialcamダウン】2/5 深夜1時頃「socialcam」ダウン(イスラム国パイロット動画を掲載したサイト)

Sponsored Link


昨日、ヨルダン人パイロットなどのイスラム国映像を載せているアカウントが「socialcam」にあると書きました。

その「socialcam」は、2/5 深夜1時頃確認したらサイトが機能していませんでした。

また、2/3に「一部のアラビア語サイトでイスラム国のニュースを配信しているサイトを自動翻訳するとウイルス感染する」という記事が、日本のセキュリティ会社の発表として掲載されました。

2/5 深夜1時頃「socialcam」ダウンを確認


2015-02-05_014245

2/5 深夜1時の時点で「socialcam」にアクセスすると、燃えたロボットのイラストが表示されて、「Sorry, we’re overloaded!」と表示されます。

要するに、アクセス過多でもうアカンということになります。

ソーシャルメディア「socialcam」の「Iraq Fighter」のせいであることは確実


このサーバダウンは、ここにアカウント持っていた「Iraq Fighter」(イラクファイター)というアカウントのせいでしょう。

このアカウントは、これまでほとんど知られていませんでしたが、動画が削除されずに、早い段階でアップロードされ、インパクトがあるもののみ投稿しているという特徴がありました。

ほとんど知られていなかった。
動画が削除されない。
早い段階でアップロードされる。
インパクトがあるもののみ投稿される。
URL:https://socialcam.com/u/qY1v1sj0

そのため、当ブログでも常時監視していましたが、今回の騒ぎではさすがにアクセス過多になったようです。

イスラム国公式ブログではZIPファイルでダウンロードさせている


昨日の記事でも紹介した「イスラム国公式ブログ」では、少し遅かったですが、動画が公開されました。

ただし、Youtubeにアップされたものは、削除されています。

以前からこの公式ブログでは、その対策用に「ZIPファイル」でのダウンロードを設置しています。

2015-02-05_015726

フォルダー画像のアイコンの先は一度広告を経由します。広告はスキップできます。これは、ダウンロードサイトの仕様で、イスラム国の意図ではありません。

ダウンロードボタンは2つあり、上のリンク先ではファイルが削除されています。たぶん、規約違反でしょう。

下のリンクも、他のダウンロードサイトに誘導されます。

2015-02-05_020206

ダウンロードサイトでは、無料ダウンロードとプレミアムダウンロードがあり、速度が異なります。

無料の方は一度ボタンをクリックするとカウントが始まり、カウントが終了されたら、再度ボタンを押すと「106451.rar」がダウンロードされます。ファイルサイズ早く648MBで、ダウンロードには2時間以上必要です。(実際には143MBでダウンロードが終わってしまいます)

M7#98vD%k4(Gksi84V%i38#8$57gsFgdsjM

解凍には「パスワード」が必要となり、再生にはコーデックが必要かもしれません。

実行形式ファイルではないのと、ちゃんとしたダウンロードサイトを使用しているので、ここまでは特にウイルスの危険性はないはずですが、余計なサイトで余計なことをするのは危険であるため、我々もこれ以上の追跡はしていません。

また、もっと気になるニュースもあります。

2/3に「共同通信」が「ネットの自動翻訳でウイルス感染」と掲載


2/3に「共同通信」が妙な記事を掲載しました。

インターネットの検索サイトが提供する自動翻訳機能で、一部のアラビア語サイトを日本語に翻訳するとコンピューターウイルスに感染することが3日、解析した情報セキュリティー会社への取材で分かった。「イスラム国」に関するニュースを載せたサイトで確認されており、専門家は「不審なサイトを自動翻訳しないように」と呼び掛けている。解析したのは「サイバーディフェンス研究所」(東京)。昨年11月以降、3件の感染を確認しており、新手のサイバー攻撃とみられる。自動翻訳は、対象サイトのアドレスを、翻訳機能を持ったページに入力すれば、文字部分が希望の言語で表示される仕組み。
2015/02/03 18:51 【共同通信】

どこのサイトかは書いてありません。また、情報元の「サイバーディフェンス研究所」は確かに存在するのですが、そこにもニュースは掲載されていません。

これは、実にで、せめてどこかわかるようなヒントが本来あって然るべきです。ただ、「イスラム国」に関するニュースを載せたサイトとしか書かれていません。

それが、どこか掲載していないことから、穿った見方をすれば、イスラム国関連サイトにアクセスさせないよう情報を流したのではないかと疑われてしまう可能性もあるでしょう。

また、どの仕組みの「自動翻訳」なのかも一切書かれていません。

妙な話です。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。