【猫美術館】淡路市立中浜稔猫美術館(猫の美術館、珍スポット、兵庫県、淡路島)

Sponsored Link


兵庫県といっても「淡路島」ですが、そこに珍しい美術館があります。

猫美術館(猫の美術館)
世界でもめずらしい猫の美術館。館内にはおよそ1000匹の墨絵の猫が展示されています。なかでも、22メートルに渡って描かれた「町内の群像」は、街で見かけた100匹の猫が、それぞれ個性豊かに描かれています。

2015-01-28_151854

猫好きなら行ってみたい、温泉好きなら行ってみたい「淡路島」の「淡路市立中浜稔猫美術館」のことです。

あくまでも「猫視点」です(笑)

猫の絵やオブジェのある美術館で、中浜稔さんの作品が展示されています。グッズ販売なんかもあります。

中浜稔さんというのは、「猫の墨絵画家」さんのことで、公式サイトもあります。

猫の墨絵画家 中浜稔 公式サイト
http://www13.plala.or.jp/catstud1944/zhong_bang_ren_gong_shisaito/welcome.html

場所は、淡路島の道の駅東浦ターミナルパークのすぐ近くです。

淡路市立中浜稔猫美術館
兵庫県淡路市浦668−2
入館料:500円
開館時間:10時から18時
休館日:月曜(月曜日が祭日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月2日)
http://www.nekobijyutsukan.com/
https://twitter.com/nekoat_official

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。