【夢の扉】「風被害をなくし発電もする新風車」東北工業大学 環境エネルギー学科 助教/野澤 壽一さん(1月25日放送「夢の扉+」)

Sponsored Link

2015年1月25日放送「夢の扉+」では、東北工業大学 環境エネルギー学科 助教/野澤 壽一さんが「風被害をなくし発電もする新風車」で紹介されます。

風被害とは「音」とか「ビル風」などのことを言います。

風被害をなくし発電もする新風車


2015年1月25日放送「夢の扉+」では、東北工業大学 環境エネルギー学科 助教/野澤 壽一さんが「風被害をなくし発電もする新風車」を開発していることが話題になるようです。

2015-01-24_215511

2015-01-24_215551

風を特殊な風車を通らせると、風力が1/10となり、その力で発電をするという風車です。

ただ、騒音出そうです。

東京に住んでいた頃は、強風はビル風でした。それはそれは、強い風であおられたものです。

今は京都ですが、強風はなにも遮るもののない山風でした(笑)

東京では、結構すごい風になるので、これが軽減できるなら良いですね。

ちなみに、電力は太陽光パネルで発電すると、別記事にありました。ちょっと、予告とは別の印象でした。

2015-01-24_220559

http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/future/

私は個人的に「夢の扉」は信用していません(笑)

だいぶ前に京都の問題児が紹介されていたことがあるからです。誰とはいいませんけど。

他にも『夢の扉+』関連記事がたくさんあります。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。