【日本いいね】日本のジャイアンツ・コーズウェイ「玄武洞」「東尋坊」「奥武島の畳石」(世界遺産)

Sponsored Link


「ジャイアンツ・コーズウェイ」はイギリスにある観光名所で、4万本の六角柱が階段状に連なる奇妙な岩の岬です。

全長8キロに及ぶ巨大な石柱群の岬である「ジャイアンツ・コーズウェイ」は世界有数の観光地として有名ですが、この岩の形状は“柱状節理”と呼ばれるもので、日本にもいくつか見られます。

日本のジャイアンツ・コーズウェイ「玄武洞」(兵庫県豊岡市赤石、円山川東岸)


兵庫県・・・といっても、日本海側なんですが、豊岡市の北北部に「玄武洞」という洞窟があり、そこに“柱状節理”の玄武岩が古くから存在していました。

洞窟自体は、その採掘跡で自然物ではありませんが、ジャイアンツ・コーズウェイと同じ形態の玄武岩があり、その形が切り出しやすかったこともあって、江戸時代から採掘場となっていたようです。

ちなみに、JR山陰本線の城崎駅のひとつ手前にある「玄武洞」という駅です。

では、写真を見てみましょう。

あ、違う。

英国の「ジャイアンツ・コーズウェイ」は、上を歩ける広大な土地ですが、兵庫の「玄武洞」では、絶壁に見ることができます。

玄武洞
http://genbudo-museum.jp/

逆転磁場の発見の地兵庫県の「玄武洞」


この兵庫県の「玄武洞」は「逆転磁場」の発見の地としても知られています。

「逆転磁場」=地磁気が逆を指す場所

こう聞くと「オカルト?」と思われるかもしれませんが、これはこの玄武岩が形成された時代は、今と磁場が逆だったため、今でもそれが残っている現象です。

地球の磁場は20万年に一度くらいは入れ替わっていると、これまでの地球科学では認知されています。

【参考】地磁気反転の謎に迫る 見えてきた内部磁場の動き(日経サイエンス  2005年7月号)
地球45億年の歴史の中で,地磁気の南北は何百回となく入れ替わってきた。反転の理由は長い間,研究者の間で謎だった。だがここ10年の研究でその謎が解け反転の仕組みがわかってきた。スーパーコンピューターによるシミュレーション,人工衛星による磁場観測,地球のコアを模擬した実験装置の開発などの成果だ。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0507/dynamo.html

日本のジャイアンツ・コーズウェイ「東尋坊」(福井県坂井市三国町安島、越前加賀海岸国定公園)


この「日本のジャイアンツ・コーズウェイ」ですが、他にもまだあります。

「越前加賀海岸国定公園 東尋坊」です。超有名ですよね。

イギリスの「ジャイアンツ・コーズウェイ」とソックリですよね。

越前加賀海岸国定公園 東尋坊(東尋坊WEBカメラ)
http://www.mikuni.org/010_spot/tojinbo/

日本のジャイアンツ・コーズウェイ奥武島の畳石 (沖縄県久米島町)


こう見ると、日本にも結構あるんだなって思いますが、沖縄にもあります。

「奥武島の畳石」です。

住みたいくらいです。

潮時に現れる岩が五角形や六角形の亀の甲羅に似ていることから「亀甲岩」と呼ばれており、千個以上で南北50m、長さ250mと、「日本のジャイアンツ・コーズウェイ」と言うに相応しい場所です。ちなみに、沖縄本島の西にある「久米島」にくっつく小さい島が「奥武島」です。

奥武島の畳石
http://www.okinawastory.jp/view/portal/0030000051/

「日本すごい」ではなく「日本いいね」と言える場所を探したい


最近は「日本すごい」を題材にしたテレビ番組が急に増えて、それを「どうなのか?」と見る日本人もいます。

それは「すごい」が、他との比較で成り立つ感じがするからです。

実際に、そういう比較が番組の目的で、そういう風潮に持っていくのが、自民党政府の思惑だと思います。

しかし、他との比較ではなく、「あ、これっていいじゃん!」というものも日本にあります。

比較しなくても、良いものは良いと感じるのです。

他の国とか民族との差異ではない「日本いいね」は、どんどん探していきたいと思います。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。