【幻のダイコン】三浦大根が1/18「ザ!鉄腕!DASH!!」で紹介

1/18『ザ!鉄腕!DASH!!』の出張DASH村で、神奈川県の三浦半島という大根の産地で栽培される「三浦大根」が紹介されます。練馬大根と同じ「白首ダイコン」という辛い品種ですが、三浦半島で育つ三浦大根は甘いダイコンと言われています。

しかし白首大根の「練馬大根」は年々生産者が少なくなっており、最近では「幻のダイコン」とまで言われるようになってきました。

広告

幻のダイコン 三浦大根


広告


ダイコン 中太り三浦大根(558)

神奈川県三浦市は大根の産地です。

そのダイコンを「三浦大根」というのですが、これは品種名だったりします。

しかし、今ではほとんど品種としての「三浦大根」は出荷されておらず、他の品種の大根が多いのが実情です。

そのため「三浦ダイコン」は幻のダイコンだなんて言われています。

冬になると食べたくなるオデンの大根

三浦大根は辛い白首大根ですが甘いと言われています

40年くらい前まではダイコンといえば「ピリッと辛い」ものでした。

オデンの大根も、苦くて苦くて嫌いでした。

今のダイコンは青首大根といって甘いダイコンです。

練馬大根とか三浦大根は「白首大根」といって辛みがあったのです。

ここには「幻」と呼ばれる『三浦大根』があるという。
大きく独特の形をした大根は、みずみずしく、フルーツのような甘さ!

しかし、鉄腕DASHの予告では「甘い大根」でフルーツのような甘さがあるとされていました。

甘いとか、どんな「三浦大根?」と思いますよね。

品種改良とかもしているのでしょうが、非常に興味津々です。

DASH村で培った知識と経験を生かし、日本全国の農家さんをお手伝い!
今回、城島と長瀬が訪れたのは、大根の一大産地、神奈川県三浦市。
ここには「幻」と呼ばれる『三浦大根』があるという。
大きく独特の形をした大根は、みずみずしく、フルーツのような甘さ!
その秘密は、三浦半島ならではの地形と、三浦名物「三崎のマグロ」だった!
そして、ブリ大根ならぬ「マグロ大根」や、ハムとチーズを挟んだフライ、
ぷるぷる食感のデザートなど、地元ならではの食べ方で三浦大根をいただく!

なぜ、白首大根の「三浦大根」は甘いのか?


青首大根は甘く、白首大根は辛いというのが特徴のはずですが・・・・

青首大根は甘く、白首大根は辛いというのが特徴のはずですが・・・・

では、なぜ白首大根の「三浦大根」が甘いのでしょうか?

実は栽培方法に特徴があるのです。

(1)葉が大きく、三浦半島の海岸沿いの平野では効率よく光合成ができる
(2)マグロ粉末+米ぬかを土に混ぜ込んでいる

太陽にあてるほど甘くなるのと、肥料にも秘密があるので甘い大根になっているのです。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。