【カラス大量餓死?】1/7、埼玉県で111羽のカラスの死骸が県内4カ所で見つかったと報じられる(入間、狭山、所沢、熊谷)

Sponsored Link


1/7、埼玉県で111羽のカラスの死骸が県内4カ所で見つかったと報じられました。(入間、狭山、所沢、熊谷)

カラス111羽の死骸見つかる 埼玉、餓死の可能性も
埼玉県は7日、年末年始に県内4カ所でカラスの死骸が計111羽見つかったと発表した。いずれも外傷はなく、鳥インフルエンザの感染も確認されなかった。大半の死骸の胃に食べ物がなく、県は餓死や細菌性腸炎の可能性があるとみて原因を調べている。
http://www.asahi.com/articles/ASH175J03H17UTNB00N.html

あまり騒がれていないようですが、非常に怖い事件です。

TBSでは、「胃に食べ物が残っていなかったことから、餓死した可能性がある」と報じれており、大学教授の見解を載せていました。

「鳥はえさが大量に必要な生き物なのに、冬場はえさがないので餓死という結果につながる。鳥特有のウイルスや細菌に感染していることは考えられる」 (宇都宮大学 杉田昭栄教授)

しかし、カラスが都市圏でゴミなどもあるのに餓死というのは非常に考えづらいことです。もし、そうなら毎年この時期はこの話題が出るはずです。また、鳥類が食べ物を求めて移動をする動物だということも、この大学教授は考慮していません。

また、入間市付近は、畑なども多く、地元の農家さんの畑を荒らすなどしているため、食糧不足ということはまずありません。

それも、鳥類では寒さにも頑丈で賢い「カラス」がです。寒くて餌が無ければ移動する鳥類でもあります。

withnewsでは珍しくないと書いているが・・・・


「withnews」というブログでは、カラスが一度に死骸となって見るかるのは珍しくないと言いたげな記事を書いていますが、実は今回埼玉県で見つかった事例は非常に珍しい事例です。今回のように、一度に大量のカラスがというのは珍しいのです。「withnews」で書いてあるのは、他の動物の事例です。こういう情報操作には注意したほうが良いでしょう。

埼玉でカラス死骸111羽 大量死、実は珍しくない?毎年のように…
http://withnews.jp/article/f0150108002qq000000000000000G0010401qq000011364A

問題となる場所は必ずある


今回、なぜカラスが犠牲になっているのかは原因は分かっていません。ただ、TSB報道では「胃の中に何も残っていなかった」ことから餓死かウイルスの可能性を語っています。

しかし、食べ物はあることから、食べた後にウイルス性の病気にかかった可能性があります。

たとえば、郊外のどこかにに、投機された家畜などがあった場合です。もともと、病気で廃棄された家畜の類を食べて、ウイルスに感染した可能性がありえます。

近くの山林に何らかしら廃棄された家畜などがいる?


胃に食物が残っていないからといって、何も食べていないということにはなりません。

鳥だって、水は飲みます。その水に問題があった可能性もあり、たとえばゴミ処理場や、先ほどの家畜が廃棄された場所から滲みでた汚水に問題があった可能性もあります。

今回、見つかったのは東京北西部(入間、狭山、所沢、熊谷)で、都心近いところです。

さすがに、福島第一原子力発電所からは250キロほどあるので、遠いですが、カラスは行動範囲が約10キロです。

東京湾までは30キロほどありますので、やや遠いです。

今回、カラスが見つかった付近で「廃棄物処分場」があるのは、狭山湖のところくらいですが、焼却処分の高度な処理場であるため、今回は無関係そうです。

そうなると、近くの山林に何らかしら廃棄された家畜などがいるのではないでしょうか。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。