【沖縄で地震雲?】1/3、沖縄那覇市で断層雲が見られる、M6大地震前兆か?(断層雲)

Sponsored Link


政治担当です。地震ネタ好きです。

1/3、正月早々から沖縄で「地震雲」と大騒ぎになっています。

  • 断層雲という種類
  • 別名「M6大地震前兆雲」
  • 切れた部分の真下が揺れる
  • 2~3日以内に地震発生する事が多い
  • 数時間で消えた模様

沖縄独立阻止を狙った人口地震計画か? 太一ならやりかねん。


1/5、沖縄は「カジノ誘致計画」から外れ、独自路線で行くと発表しました。

日本政府は、これにより有望なカジノ候補地を失ったことになります。

これは、政治的には翁長雄志(おながたけし)知事による、ヤマト政府への痛烈なカウンターパンチであり、沖縄独立戦略のひとつと見られています。

背後では、中国政府との連携で、沖縄に新たな観光地などをつくり、沖縄を中国のリゾートアイランドとすることで、日本がハワイを実行支配しているのと同様の状態に持って行き、ついには沖縄独立を果たすと思われます。

こういった不穏な沖縄の動きは、沖縄をないがしろにしてきた「自民党政府」(米国傀儡政府)によるものが大きいのですが、沖縄の民意をそぐため、現地に自称・右翼保守団体を送り込んだり、ネットでサポーターズを動員して沖縄を攻撃していれば、沖縄の民意が離れるのも仕方のないことなのでしょう。

ならば、いっそのこと、沖縄で何か大きな被害でも起これば、政府は沖縄で得点稼ぎができることとなり、反対派の反政府勢力を削ぐことも可能であり、自民党もそれくらい考えていてもおかしくはなく、人工地震を起こそうとしている可能性もささやかれています、たぶん

沖縄、カジノ誘致見送り「好調な観光に影響」
昨年12月に就任した翁長おなが雄志たけし知事がカジノ導入に反対しており、方針を転換した。過去8年間、調査や研究に取り組んできたが、2015年度予算案には関連経費を盛り込まない見通し。成長戦略の一環として、刑法で禁じられるカジノ解禁に前向きな政府にとっては、有力な候補地の一つを失うこととなった。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。