【庶民感覚皆無】「日本の政治家に足りないこと1位は」という記事が掲載される

Sponsored Link


政治担当です。元旦の「ニコニコニュース」に、「日本の政治家に足りないこと1位は」という記事が掲載されていました。

日本の政治家に足りないこと1位は
20~30代の働く男性200人にアンケート調査した。

1位 庶民感覚 180pt
2位 お金(家計)で苦労した経験 170 pt
3位 私利私欲に走らない清廉さ 146pt
4位 実行力/行動力 115pt
5位 会社勤めで苦労した経験 101pt
6位 謙虚さ 84pt
6位 カリスマ性 84pt
8位 (他人への)思いやり 73pt
9位 将来のビジョンを描き出す力 57pt
10位 戦争の経験 38pt

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1388472

1位は「庶民感覚」、誰への言葉かハッキリ分かる展開


1位は「庶民感覚」でした。これは、本当にそのとおりですね。

政治家と経営者というのは性格が似ているのですが、良い政治も良い経営も、きちんと「庶民感覚」を持っているリーダーであるかが大事です。

どうも政治家や経営者というのは、そういう「庶民感覚」を持っているリーダーは少なく、傲慢で利己主義で、地位と名誉と金に固執して大失敗するものが多くいます。

そのようなものが、リーダーとして皆を引っ張っていけるわけがありません。

もし、それを強引に推し進めようとするならば、「恐怖政治」しかありません。そうです「独裁国家」です。

自称・保守右翼の大嫌いな「北朝鮮」のような国家です。

しかし、自称・保守右翼ほど、こういうのです。

むしろ国全体を考える政治家が庶民感で政治やったらマズイんじゃないの・・・?

嘆かわしいことです。

本当は「自称・保守右翼」は北朝鮮が好きなのではないかと疑いたくなります。そういえば、こういう連中が一番最初に出てきた時のことを覚えているでしょうか?

20年くらい前に、八王子などで民族主義を掲げ、排外主義を連呼する右翼集団が出現して話題になったのですが、速攻で「半島系右翼」だと暴露された事件がありました。これが、私の知る限り、今の排外主義的な「自称・保守右翼」の始まりです。

安倍晋三はリーダーには不適任



庶民感覚を持つのもリーダー。
国家百年の計を持つのもリーダーです。

自分のことばかり考え、目先のことばかり考える者はリーダーには向きません。

例えば、以下のような奴です。

小物で性格も悪く、利己主義者で傲慢

国民の困窮には目も向けず、自分は贅沢三昧。

他人の意見に耳を貸さず、思う通りいかなければキレる。

「北朝鮮の独裁者か?」と思う内容ですが、安倍政権になってから、メディアで見る安倍晋三のイメージに近い気もしますね。

元旦の「ニコニコニュース」に、「日本の政治家に足りないこと1位は」で噴出した不満は、どうみても安倍政権に寄せられたものでしょう。

もとを辿れば、一番の元凶は小泉・竹中なのですが、安倍政権というのは、小泉・竹中が進める計画の尻拭いをする政権だから、計画通りといえば計画通りです。なぜ、安倍政権はそれに気が付かずに、未だに総理をやっているのか不思議でたまりませんが、前述した性格からして、権力にしがみつくのは仕方のないことなのかもしれません。

新年も明け、2015年は酷い年になるかもしれません


さて、年も明け、小泉・竹中時代に礎を気づいた「国民貧困化政策」が花開く年となりました。この政策は、第二弾の「ファシズム」という反動政策で国民をモンスター化させ、いずれ戦争の時代に突入させるためのものです。

小泉・竹中時代より後、福田・鳩山・菅政権以外は「国民貧困化政策」と「ファシズム化」を後押しするような政権ばかりです。特に、野田政権の時代は暗黒政治そのもので、アメリカ従属政府そのものでした。

2015年は経済的な破綻を迎える年になるかもしれません。なぜなら、「国民貧困化政策」「ファシズム化」と来れば、次は「戦争」ですが、戦争の理由の多くは「金の問題」だからです。

折しも、安倍政権の後ろ盾で日銀総裁となった黒田君は、ヘリコプター・ベンも驚くほどの金を世界中にばら撒きました。多くは投資資金に回っていると予測されています。

このお金、日本国民の財産であり、国民の借金でもあるのですが、これで金融破綻でも起きたら、日本はたまったものではありませんね。

最近、産油国が原油安を仕掛けてきましたが、これは「ガソリンがリッター130円台になった」とか喜ぶようなものではなく、意図的に仕掛けられた原油安でした。

通常、原油安は過去の事例だと「企業業績の回復と景気好転」に結びつくのですが、今回の原油安は投機的な動きで、景気減退からの需要低下を予測したものであるのは明白です。少しウガッタ見方をすると、こういう投機的な動きで、景気減退を加速させることもできます。

原油安は年末に仕掛けられているので、(ガソリン価格はすでに落ちていますが)結果が見えるのは4月くらいになりそうです。ちょうど、景気データなんかが出てくる頃合いです。

そして、その後は5月で、株価が一番動くタイミングです。

ここで仕掛けられたら?

かなり怖いですね。さて、黒田はどう動くつもりでしょうか?

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。