【お焚き上げ訴訟?】Twitter上では「ブシロード」の対応に批判(『ヴァイスシュヴァルツ』ニセコイのカードを燃やしたら訴えられるかもしれない)

Sponsored Link

다른 기사
하나님은 중노동 , 대체 하나님의 일본 고대 축제입니다.
[ 부시로드 ] 니세코이 카드 를 점화하는 경우 고소 있습니까?

12/30「ブシロード」公式サイトで、よく意味の分からない激怒告知が掲載されています。

ヴァイスシュヴァルツ罰則規定の適用のお知らせ(2014/12/30)
2014年12月21日夜、Twitter上おいて、公共の場でヴァイスシュヴァルツのカードを焼くという行為を、意図的に行っていると思われるツイートが確認されました。(中略)
公共の場においてカードを焼くという行為、また、そのような行為を不特定多数が閲覧可能なインターネット上に公開する行為は、当該作品・キャラクターのファンの心を踏みにじる、また、トレーディングカードゲームに対する信頼を損なわせる、著しくモラルに欠けた、非常識なものです。(中略)
本件については、弊社顧問弁護士に確認の上、刑事及び民事上の法的措置を検討いたしましたが、既に当該のTwitterアカウントが削除され、併せて画像も削除されていることから、本件への法的措置は見送ることにいたしました。
http://ws-tcg.com/rules/penalty.html

中略しているのでわかりづらいかもしれませんが、流れは以下のとおりです。

  1. 「ブシロードワールドグランプリ2014」参加者と思われる人が、打ち上げの焼肉屋と思われる場所で、ブシロードの『ヴァイスシュヴァルツ』ニセコイのカードを焼く行為をTwitterに掲載
  2. 焼肉屋が怒るのなら分かるが、なぜかブシロードが激怒
  3. ブシロードが、カードを焼いた当人に「該作品・キャラクターのファンの心を踏みにじる、また、トレーディングカードゲームに対する信頼を損なわせる、著しくモラルに欠けた、非常識なもの」と非難声明
  4. ブシロードが該当参加舎を失格処分
  5. さらに、刑事及び民事上の法的措置を顧問弁護士を通じて検討
  6. 当該のTwitterアカウントが削除され、併せて画像も削除されていることから、本件への法的措置は見送ることに決定

2014-12-31_200115

現在は削除されています。

2014-12-31_200152
https://twitter.com/vitalove_yuzuha/status/546623647507439617/photo/1


民事?
刑事?

どうやって成立させるのでしょう?

顧問弁護士が「できる」言うたのかもしれませんが、方法論が今後のために興味があります。

そのような行為を不特定多数が閲覧可能なインターネット上に公開する行為は、当該作品・キャラクターのファンの心を踏みにじる、また、トレーディングカードゲームに対する信頼を損なわせる、著しくモラルに欠けた、非常識なものです。

これで、民事も刑事も成立するとは思えませんので、どうやるのか興味津々です。

購入したカードを捨てるのも焼くのも、購入者の自由です。

争点は、公共の場に掲載したことになると思われます。

これをどう訴訟を起こして、勝ち取っていくのか、今後のノウハウとして知りたいです。

なお、「お焚き上げ」という行為が一般的に存在します。

成田山など、どこの寺社仏閣でも見られる、非常に一般的な行為です。

場所が問題なら、焼肉屋と思われる場所のオーナーが訴えれば良いので、ブシロードは関係ありません。しかし、カードを焼くという行為を公共の場に公開したことで訴訟を起こすなら、それなりの法的根拠は必要になってきます。

なんか、「ん?」と思う流れですね。

すぐに、なにもしていないのに勘違いして「訴える」とか脅してくるチンピラ一般人も結構いますが、ブシロードはちゃんとした企業なので、それなりの根拠はあるのでしょう。

しかし、これ「捨てました」とか写真入りでTweetしても訴えられそうで怖い案件ですね。

やりすぎな気もするんですが・・・・

Twitterの口コミや感想


なお、これについて、Twitter上では「ブシロード」の対応に批判が出ています。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。