【北朝鮮サイバー攻撃】12/23、北朝鮮で大規模なネット障害か?(ネット不通、インターネット通信障害か?)

Sponsored Link


「アメリカの報復か?」とささやかれていますが、12/23の朝にNHKが「北朝鮮で大規模なネット障害か」という記事を配信しました。

  • 12/19:北朝鮮でインターネットの調子が悪くなる
  • 12/22:北朝鮮で完全にインターネットに接続できない状況になる
  • 12/22:「NewYork Times」誌などで報道される

12/22は日本時間では12/23のはずですが、そのまま表記しました。

考えられる可能性


考えられる可能性としては、以下があると報じられています。

  • 北朝鮮がインターネットを利用できないようにした。
  • 中国が北朝鮮へのインターネット接続を中止した。
  • 第三者(米国)などが攻撃を仕掛けた。

ただし、これらも何らかしら根拠が示されているわけではありません。いつものように、北朝鮮に関する西側の推測記事です。

オバマ大統領は「対抗措置かの確認できていない」と発言


アメリカのオバマ大統領が北朝鮮を名指しして、ソニー・ピクチャーズへの攻撃を非難していましたが、それに対するアメリカ側の北朝鮮攻撃の一環かは確認できていないようです。

また、政府高官も「提供できる情報はない」としています。

国務省のハーフ副報道官も、12/22の記者会見で「対抗措置について、詳細を公にすることはない」と述べています。

12/22は日本時間では12/23のはずですが、そのまま表記しました。

韓国報道


韓国でも話題となっており、以下のように記事となっていました。

  • 22日、北朝鮮でインターネットが完全に不通になったとフォックスニュースが報じた。
  • アメリカの報復ではないかと憶測されている。
  • 22日午前、サンフランシスコのインターネット企業である「クラウドフレア」も北朝鮮のネットが完全ダウンしたのを確認した。
  • 「クラウドフレア」の創設者は「北朝鮮の多数のインターネット連結網が完全に切断されたと思われる」とし「これは北朝鮮のインターネットが完全にダウンしたという意味だ」とコメント。
  • 北朝鮮のインターネットは国営企業の「スタージョイントベンチャー」が運営している。
  • 北朝鮮のルータは、中国国営会社であるチャイナユニコム網を利用している。
  • 北朝鮮国連代表部のギムソン評議員は「状況については知らない」とコメントしている。

12/22は日本時間では12/23のはずですが、そのまま表記しました。

韓国の「ネイト」が接続状況を記事にしている


韓国の「ネイト」が接続状況を記事にしています。

북한 인터넷 오늘 새벽 1시부터 완전 다운
http://news.nate.com/view/20141223n05145?keyA=1

  • 聯合ニュースは前日12/22までは、すべてのメディアにアクセスが可能だった。
  • 12/23午前1時から急に接続ができなくなった。
  • 12/23午前8時現在、北朝鮮官営通信の朝鮮中央通信、労働党機関紙の労働新聞など北朝鮮が直接運営するホームページは、全く接続がされていない。
  • 対南宣伝用のインターネット媒体であるわが民族同士、対外用ポータルサイト内の国などは12/23午前6時頃から接続がされたならなかったを繰り返しており、不安定な状態が続いている。
  • これらのホームページは12/23午前1時前、何の問題もなく接続が可能であったものもあるが、北朝鮮のインターネット完全ダウンは午前1時頃、発生したものと見られる。
  • 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が運営する朝鮮新報、在米同胞が運営する民族通信など、北朝鮮が直接運営していない親北朝鮮メディアは、接続が円滑な状態だ。

日付は韓国時間のようで、日本時間と同じです。

今回のソニー・ピクチャーズへの攻撃は日本の朝鮮総連が主導したと噂が流れている


今回の件と直接関係ありませんが、ソニー・ピクチャーズへの攻撃は北朝鮮だと名指しされていますが、韓国内では以下のような噂もありました。

北朝鮮 のインターネットはすべて中国経由だが、今回の件は、日本に居住する朝鮮総連朝鮮人が主導したと疑われる。個人的な考えで、実力のあるハッカーにお金を払ってやらせたらしい。

と上に書かれています。

この人は、例の事件の北朝鮮による直接関与を疑っているようです・・・と以下に書いてあります。

噂というか、推測・憶測の類ですが。

北朝鮮公式サイト、接続できず


12/23 8:30頃、北朝鮮公式サイトへ接続を試みましたが、激混みで接続できませんでした(笑)

サイト自体は落ちていないようです。

北朝鮮公式サイト
http://www.korea-dpr.com/

朝鮮中央通信公式サイト、接続できず


同じく、「朝鮮中央通信」へ接続しましたがタイムアウトしました。サーバに接続できないようです。

DNSの問題かもと思い、直IP「http://175.45.176.58/」で叩きましたが、同じくタイムアウトでした。

朝鮮中央通信
http://www.kcna.kp/

我が民族同士公式サイト、接続成功


2014-12-23_084501

我が民族同士公式サイトは、接続できました。

Whois見たら、レジストラは中国国内で、サーバも瀋陽市(しんようし)みたいです。

我が民族同士
http://www.uriminzokkiri.com/

現在、北朝鮮ではChromeのゲームで遊び放題か?


現状、北朝鮮ではネット接続できないと出現するクロームのゲームで遊び放題だと推測されます。

chrome

別記事:【遂に出現】Chrome「インターネッツに接続できまてん」画面のジャンプゲーム(クローム、インターネットに接続できません)

元記事

北朝鮮で大規模なネット障害か
アメリカの複数のメディアは、北朝鮮国内で大規模なインターネットの障害が発生していると伝えています。
ソニーのアメリカにある子会社がサイバー攻撃を受けた問題で、オバマ大統領は北朝鮮に対抗措置をとる考えを示していますが、アメリカ政府高官は、今回の報道について提供できる情報はないとしています。
これは、アメリカの有力紙「ニューヨーク・タイムズ」などが22日、アメリカのインターネットの専門家の話として伝えているものです。
それによりますと、北朝鮮国内では19日以降、インターネットへのアクセスが不安定な状況となっており、22日には完全にアクセスができない、大規模な障害が発生していると伝えています。
また、「ウォール・ストリート・ジャーナル」の電子版は、専門家の分析として、北朝鮮か中国のどちらかがインターネットへのアクセスを止めたか、第三者がインターネットのアクセスをとめたケースなどが想定できるとしています。
今回の問題で、オバマ大統領は19日に行った記者会見で、「相応の対応をしていく」と述べ、対抗措置をとる考えを明らかにしていますが、アメリカのメディアは北朝鮮国内のインターネット障害と、アメリカ政府の対抗措置との関係を裏付ける情報は今のところ確認できないとしています。
アメリカ政府高官はNHKの取材に対し、提供できる新たな情報はないとしています。
また、国務省のハーフ副報道官は22日の記者会見で、「対抗措置について、詳細を公にすることはない」と述べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141223/k10014209761000.html

続き:【北朝鮮サイバー攻撃】信ぴょう性ゼロのアメリカ・日本による北朝鮮悪論

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。