【ネットデマ】イオンモール岡山のパウダールームを「女子トイレ」だと誤報し、男子トイレが悲惨だと拡散され中

Sponsored Link


先週くらいから、たまに「イオンモール岡山のトレイ」とつぶやくTweetを見かけていたのですが、日本の首都「岡京」にあるんだから「イオンモール岡京」だろとしか思っていませんでした。どーもすみません。

12/16に「イオンモール岡山の女子トイレが凄過ぎると話題に」という記事が出る


たぶん、この12/16のが最初だと思うのですが、「無題のドキュメント」というまとめ系サイトに以下の記事が掲載されました。

無題のドキュメント:イオンモール岡山の女子トイレが凄過ぎると話題に
http://www.mudainodocument.com/articles/27392.html

2014-12-22_114453

上は「イオンモール岡山の女子トイレ」とされたものです。

2014-12-22_114524

で、上が「イオンモール岡山の男子トイレ」とされたものです。

差は歴然ですが、知っている方にはすぐ分かる話です。

上の女子トイレとされているのは「パウダールーム」です。

なお、「イオンモール岡山」は12/5にグランドオープンしたばかりのショッピングモールです。

実は「女子トイレ」ではなく、「パウダー&コンシェルジュ ハレマチ ポーテ」


2014-12-22_114704

これ、知らないと騙されるのかもしれませんが、パウダールームで時間貸しのお化粧室です。岡山のイオンモールでは無料ですが、20分と時間が制限されており、新商品のお化粧品や美容家電を試用できる宣伝も兼ねたお店です。

パウダー&コンシェルジュ ハレマチ ポーテ
http://aeonmall-okayama.com/static/detail/haremachibeaute

12/21には2chまとめブログで違う内容に差し替わっていた


で、上の男子トイレが全然別の写真に差し替わったものが大手「2chまとめブログ」で拡散されます。

2014-12-22_115335

【画像】イオンモール岡山の女子トイレが豪華過ぎるんだがwwwwwwwwwww
http://fesoku.net/archives/7701782.html

しかし、記事自体は「女子トイレ」の話題のみ書いてあります。

また、「男子トイレ」とされる写真には、「どこのトイレ」とは書かれていません。

そして、このトイレは「イオンモール岡山」の男子トイレではありません。

2chまとめブログの元ネタは「ゴゴ通信」に掲載された記事


この2chまとめブログの記事の元ネタは「ゴゴ通信」に掲載された記事でした。

イオンモール岡山の女子トイレが豪華過ぎると話題に! 女性ってトイレで何してるの?
http://gogotsu.com/archives/2029

この元記事には「男子トレイ」という表現は出てきません。ただ、パウダールームを「女子トイレ」だと誤報しています。

Twitterでも拡散


で、これが当然ですが、Twitterでも拡散されます。

キャプチャ

例の男子トイレ画像も入っていますね。

これがお気に入りやRTをものすごいことになって拡散されてしまいます。

2014-12-22_120259

例の男子トイレ画像が特定される


どう見ても、古いタイプの男子トイレの写真が掲載されて、それが「イオンモール岡山の男子トイレ」だと思い違いされ拡散されたわけですが、この古いトイレを「ネット上のデマまとめ ‏@jishin_dema」さんが特定します。

寄宿舎二階の「中央トイレ」(ページ一番下の写真)が該当します。

愛知県立名古屋盲学校 寄宿舎
http://www.nagoya-sb.aichi-c.ed.jp/kisyukusya/8shisetsu%20setsubi/newpage8%20shisetsu%20setsubi.htm

ということで、なにこの話?

というお粗末な騒動が現在起きております(笑)

12/22 12時時点でも、Twitterで絶賛拡散中です。

あぶねー(笑)

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。