【悪いアメリカとまともな北朝鮮】北朝鮮のテロ支援国家再指定検討 サイバー攻撃でオバマ米大統領

Sponsored Link


大手ブログさんなど今日くらいから取り上げていますが、数日前から報道で「北朝鮮がソニー・ピクチャーズにサイバー攻撃」という報道がされ、12/21には米オバマ大統領が「北朝鮮のテロ支援国家再指定検討」と報じられています。

ハリウッド映画「ザ・インタビュー」(ソニー・ピクチャーズ)


ハリウッド映画「ザ・インタビュー」(ソニー・ピクチャーズ)

12/21昼に「オバマ大統領が、ソニー・ピクチャーズが北朝鮮を題材にした映画の上映中止を決定したことに”中止すべきではない”とコメント」したと報じられて、ソニー・ピクチャーズが「上映中止する以外に方法ねーだろ」とキレたと報道されていましたが、その夜には米オバマ大統領が「北朝鮮のテロ支援国家再指定検討」と報じられており、話は急展開しています。

そもそも北朝鮮をパロッたソニー・ピクチャーズの映画が悪い


2014-12-22_013658

北朝鮮を擁護する気などはありませんが、今回の件は北朝鮮をパロッたハリウッド映画「ザ・インタビュー」の内容が酷すぎで、そりゃ北朝鮮が怒るのは必然です。

日本の今上陛下をパロッた映画を北朝鮮が制作したら、日本人怒るでしょうし、当たり前のことです。

ハッキングされたソニー・ピクチャーズ


その後、ハッカー集団がソニー・ピクチャーズをハッキングして、重要な情報を不正に入手することに成功しました。

それはソニー・ピクチャーズも認めて、今回の放映中止に追い込まれたわけです。

しかし、なぜか不思議なことに、これを「北朝鮮によるハッキングだ」とアメリカは騒ぎ出し、「証拠もある」といつものように証拠もないのに「証拠がある」ということを言い出して、北朝鮮を糾弾しました。

北朝鮮はアッサリ否定


アメリカ政府が「北朝鮮の関与」を断定した後、北朝鮮はそれを否定しました。

北朝鮮「具体的な証拠も示さず、推測でしかない。」

北朝鮮という国は、やってたら「やった」言うし、よくも悪くも正直な国です。

もし、本当にやったのなら、「我が国の能力を見よ」とばかりに言うでしょう。

しかし、今回は「やってないし、アメリカと共同で調査する準備もある」とまで言っています。

普通に考えて、悪いのはアメリカ


なぜか、日本でも「北朝鮮がやった、悪い国だ。アメリカはプンスカだ。」という主張が主流のようですが、常識で考えても言いがかりをつけてきたのはアメリカ側で、対する北朝鮮はまともな対応しかしていません。

オバマは基本的に中国や北朝鮮政策では強行派ではないため(民主党なので)、今回の強気には中間選挙への思惑があるか、アジアでの対立を望む軍事産業の圧力があるかのどちらかでしょう。

今回の件、悪いアメリカとまともな北朝鮮としか見えない事案です。

ただ、日本ではなぜか真逆の世論がはびこります。

北朝鮮のテロ支援国家再指定検討 サイバー攻撃でオバマ米大統領
【ワシントン共同】オバマ米大統領は21日放映のCNNテレビのインタビューで、米当局が北朝鮮による犯行と断定したソニーの米映画子会社へのサイバー攻撃をめぐり、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうかを検討していると語った。
オバマ氏はサイバー攻撃について「非常に深刻にとらえており、相応の対応を取る」と強調。同時に「戦争行為とは考えていない。サイバー空間における破壊行為だ」と語った。
米メディアなどによると、米政府は中国に対し北朝鮮による同様の攻撃を阻止するよう協力を要請。北朝鮮への対応をめぐり、日本、韓国、英国などとも協議を始めた。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122101001738.html

続き:【北朝鮮サイバー攻撃】信ぴょう性ゼロのアメリカ・日本による北朝鮮悪論

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。