【便乗商法】天空の城「竹田城の雲海が入ったペットボトル」が300円で発売(雲海職人の製造動画あり)

Sponsored Link


最近になって人気が出た「竹田城」では、日本のマチュビチュと言われて、連日の観光客で大賑わいということですが、便乗商法が出たようです。

竹田城のお土産屋さんで、12/1から「竹田城の雲海が入ったペットボトル」が300円で発売されています。朝日新聞でも取り上げられていました。

売っているのは、兵庫県朝来市和田山町にある竹田城ふもとのお土産屋さん。

高いし、○カっぽいので、間違っても買わないように。

こういうのを資源の無駄といいます。

昔、缶詰のものが観光地にはたくさん売ってました。これも無駄遣いですが、まだ飾り物にはなりました。

だけど、これはペットボトルにラベル貼っただけです。置物にもなりません。

朝日新聞も、こんなクダラナイものをいちいち記事にするとか、どうにしかしてもらいたいです。

「天空の城」の雲海、売ります 竹田城近くの土産店
「天空の城」として人気を集める竹田城跡(兵庫県朝来市)の「雲海」がペットボトルに詰められ、ふもとの土産店限定で販売される。12月1日から。
観光客向けにバスを運行する全但バス(同県養父市)が企画。2人の「雲海職人」が早朝、城跡に登り、巧みな技で袋に採取する――という触れ込みだ。
一見、空のボトルは500ミリリットルで、1本300円(税別)。ふたを開けると中身は雲散霧消する。「雲をつかむような話ということで」と担当者。
http://www.asahi.com/articles/ASGCY5JPQGCYPIHB014.html

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。