【JR仙山線】12/3 7:40頃、JR仙山線で雪のため倒木し停電発生で山に300人が立ち往生

Sponsored Link


12/3 7:40頃、JR仙山線で雪のため倒木があり、線路の架線に引っかかったことから停電が発生しています。社内の乗客によるTwitterでは、架線の火花と雪崩を見たとの話もでていました。

その影響で、300人が乗った快速電車が山形県と宮城県の県境近くの山間で停車し立ち往生となっています。また、仙山線は「愛子駅~山形駅」間で運転見合わせとなっています。

電車が停止しているのは「山寺駅~面白山高原駅」間の山間です。Twitterの写真を見ると、山間の非常に狭いところにある線路のようです。

電車からは倒木と架線が見える状況になっているのが分かります。電車の真上に倒木がある状況です。

付近の道路がないということで、代替輸送が出来ない状況です。そのため、JRの架線復旧を乗客は待っている状態です。復旧は13時見込みとのことで、6時間程度社内に閉じ込められることになります。

現地は雪で寒い中、6時間も閉じ込められてしまうことになり、乗客の安否が気遣われます。

道がないと報道されていますが、1車線ほどの離合困難な道はあります。ただ、冬季で降雪だと厳しい道です。また、停車している位置が狭く移動できない場所である可能性が高いです。なお、「面白山高原駅」は冬季には道路が封鎖されるため、鉄道でしか行けない駅です。また、「仙山面白山」の付近は勾配が33%もあり、危険な地域です。

また、陸羽東線の新庄~鳴子温泉間の運転見合わせは午後3時ごろまでかかる見通し。米坂線は午前8時までに運転を再開しています。

今日は他の路線でも運転見合わせが出ています。なお、仙山線は11/25に「カモシカと衝突」して運転見合わせとなりました。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。