【狩猟雪姫】11/29 関西ドラマ「狩猟雪姫」が放送中(平成26年度文化庁芸術祭り参加作品)

Sponsored Link


11/29 15時から、関西テレビでは「狩猟雪姫」(平成26年度文化庁芸術祭り参加作品)が放送中です。たぶん、関東やってないかなと思います。単発ドラマですが、予告みたいなの見ていて面白そうだったので見ています。

2014-11-29_150838

兵庫県丹波市が舞台の狩猟をテーマにした作品で、小島藤子、駿河太郎、栗山千明(特別出演)などが出演しています。

グルメライターから猟師を­目指すことになった女の子が「命と向き合う=生きること」を考え狩猟をしていくドラマです。

撃って捌く

食生活に当たり前に存在する命の問題に(以下略)

それ以前に、田舎(地方)の生活が色濃く出ていて、なんか身近な感覚の作品です。

関西テレビ「狩猟雪姫」(平成26年度文化庁芸術祭り参加作品)
http://www.ktv.jp/syuryo/index.html

脚本:小林弘利
演出:木村弥寿彦
プロデューサー:木村弥寿彦 
佐野拓水
音楽:園田涼       
制作著作:関西テレビ

命と真剣に向き合いたい—突然、仙台から丹波に移り住み、猟師を目指しはじめた若い女性
猟銃を手に獲物を追う“狩猟生活”にのめり込んでいく彼女を駆りたてたある思いとは…?

関西テレビでは、この秋、ライターから猟師を目指すことになった女性の姿を通して、“命と向き合う”、すなわち“生きる”ということをあぶりだしていくドラマ『狩猟雪姫』を放送いたします。
主演の小島藤子演じるのは、グルメライターからとあることがきっかけとなり、猟師を目指すこととなった中西雪。雪は「食べることは生き物の命をいただくこと。そのことと真剣に向き合いたい」と狩猟の免許を取得し、猟師になろうと丹波に移り住むという行動力のある女性です。
その丹波で再会することとなったのは、駿河太郎演じる南斗(みなと)邦彦。邦彦は雪との思わぬ再会に驚きます。なぜならば、雪は学生時代の恋人・楓(栗山千明・特別出演)の妹だったからです。邦彦はそんな突拍子もない行動をとる雪にさらに驚かされます。
猟期が始まり、雪は山本圭演じる会長の山岸ら猟友会のメンバーに加わり、いよいよ山に入ることになります。猟銃は初心者ながらも、狙った動物を苦しませたくないと一発で仕留めることにこだわる雪は、なかなか引き金を引くことができません。
そんなある日、仕事のために香港で暮らしていた楓が丹波を訪ねてきます。楓は雪の行動を知って驚き、心配になって帰国したのです。自らの手で獲物を撃ち、それを食べる自給自足生活の過酷さに、あえて身を投じようとする雪が理解できない楓。一方、邦彦や山岸らから山のルールを学び、ようやく初めて鹿を仕留めることができた雪は、ますます狩猟にのめり込んでいくことになります。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。