【昇龍道】北陸観光誘致プロジェクト「ドラゴンルート」!いずれ京都は誰も見向きしなくなる?

Sponsored Link


ここ数年、外国人旅行客が行く観光地「金沢」「高山」といった地名を聞くようになりました。

旅番組など見ていると「大阪・京都」にいる外国人観光客が「金沢から来た」とか「石川を見てきた」というようになりましたが、これはいったいナゼなのでしょうか?

実は、「昇龍道(ドラゴンルート)」プロジェクトというのを大々的にやっているからです。

「昇龍道(ドラゴンルート)」プロジェクト


2014-11-29_033437

これは、「昇龍道(ドラゴンルート)」というプロジェクトがあって、中部・北陸の9県(静岡県・長野県・富山県・岐阜県・愛知県・三重県・滋賀県・福井県・石川県)が共同で進める外国人観光客(主に中国人)向けの観光誘致プロジェクトです。

パンフレット「昇龍道」特集

そこで紹介される観光地には堂々たるパワースポットが並びます。

静岡県:富士山
長野県:松本城
富山県:立山黒部アルペンルート、五箇山
岐阜県:白川郷、高山
愛知県:名古屋城
三重県:伊勢神宮、熊野古道
滋賀県:長浜
福井県:東尋坊
石川県:金沢

名前の「昇龍道」からして、中国の縁起物である龍をイメージしていることから、中国人観光客向けのパワースポット巡りという感じもしますが、西洋人観光客にも人気となっています。

単純明快なプロジェクトですが、そういうのが一番効果的なのです。

各観光地だけでは力不足ですが、それを「開運」や「パワースポット」と結ぶつけることで一大テーマパークにしてしまっているのです。

ポイントはスタート(東京)とゴール(大阪)の中間「セントラル」にあった

この「昇龍道」の強みは、なんといっても観光客のスタート地点「東京」ともうひとつの一大観光地「大阪」の間にある本当に素晴らしい観光地を集めたところにあります。

静岡県:富士山

長野県:松本城

富山県:立山黒部アルペンルート、五箇山

岐阜県:白川郷、高山

愛知県:名古屋城

三重県:伊勢神宮、熊野古道
ただの古道と、ただの千枚田をここまで素晴らしく見せられるのかというお手本。以下は「伊勢神宮(内宮)」です。言うほど良いところでもないのですが。

他は割愛しますが、これだけ集められたら、大阪の手前の京都なんかは太刀打ちできません

いや、ひとつひとつの観光地の景色の素晴らしさは京都にはないものです。

京都って、観光地らしいところが、ほんと何もないんです。強いてあげれば「天橋立」ですが、売り出そうとはじめたのは最近で、それも京都市は絡んでおらず京都府が細々と広報しているだけだったりします。

寺と神社しかなくて、日本中どこでも見られる「紅葉」を売り物にしているのが京都という観光地の実態なのです。

いずれ京都は誰も見向きしなくなる?


京都市のように「高見から偉そうにやる観光戦略」とは違いますし、京都府が北部地域(天橋立)を売り出そうと中途半端にやっている広報などとは一線を画すものです。

東京オリンピックに向けた取り組みや、民主党政権時代の「観光立国」政策を受け、各県は取組を強化しています。

こういっちゃなんですが、いずれ京都なんか外国人が誰も来なくなりますよ?

良くて、「大阪に行く途中に寄り道する所」とかになりますよ?

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。