【ウソだよーん】ベストセラー作家「百田尚樹」さん訴えられる。訴状は「名誉棄損」。

Sponsored Link


11/21の昼くらいから、「百田尚樹」の記事にアクセスが増加していました。

【たかじん殉愛】百田尚樹がアマゾンレビューにブチきれる(Amazon)

「なにかあったな」と思っていたら、産経新聞が記事にしていました。どうやら、あの保守論者もどきの「百田尚樹」が「やしきたかじん」さんの長女に名誉棄損で「出版さし止め」及び「1100万円の損害賠償」を求めて提訴されたということのようです。

やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹氏が描いた「殉愛」
今年1月に64歳で死去した歌手、やしきたかじんさんの晩年を作家の百田尚樹氏(58)が書いたノンフィクション本「殉愛」によって名誉毀損(きそん)やプライバシー侵害をされたとして、たかじんさんの長女(41)が21日、出版元の幻冬舎に、出版差し止めと1100万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした。
訴状では、複数の虚偽の記述があり、「原告の私生活に関して誤った認識を与える」と指摘。さらに、「百田氏は原告をはじめとした親族などに取材をして事実確認しようとしなかった」と主張している。「殉愛」は今月7日に発売された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000558-san-soci

ノンフィクションなのに「大嘘」ということですか。

「ウソだよーん」と楽しそうです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。