【八潮駅なぜ報道?】11/17につくばエクスプレスが八潮駅で4分遅れで発車したことがニュースになる

Sponsored Link


11/17、つくばエクスプレスの八潮駅(埼玉県八潮市)の下り始発電車の運転士が、進行方向とは逆の最後尾運転席に座っていたという事案がありました。

ネットでは「ニュースでやること?」との声が多数です。

その影響で、始発が4分遅れで発車するなどの影響がありました。

出発を示す信号が緑色にならずに、赤色の点灯となったことから気が付いたとのこと。

ほのぼのしますねぇ~(笑)

運転席間違い気づかず出発遅れ
今月17日、埼玉県八潮市にあるつくばエクスプレスの八潮駅で、下りの始発電車の運転士が進行方向とは逆の最後尾の運転席に座っていたことに気づかず、電車の出発が4分遅れたことが分かりました。

今月17日、八潮市にある八潮駅で、つくばエクスプレスの下りの始発電車が、午前5時28分の出発時刻になっても動かず、4分遅れて出発しました。
つくばエクスプレスによりますと、当時、この電車の20代の男性運転士は、進行方向とは逆の最後尾の運転席に座っていて、出発の際は緑色になる運転台の表示灯が、赤色に点灯したため間違いに気づき、先頭の運転席に移動したということです。
当時、車内には18人の乗客がいたということです。
この始発電車は、通常、引き込み線から上り方向に進む形でホームに入り、その後、下り方向に向けて出発するため、運転士はホームで運転席を移動する必要がありますが、この運転士は「移動しなければいけないとは思っていなかった」と話しているということです。
つくばエクスプレスは「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。運転席の移動を改めて周知徹底し、再発防止に努めたい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20141121/3357741.html

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。