【太陽黒点】11/19の太陽黒点の模様が「柴犬の肉球と一致」と話題に(24年ぶり巨大黒点)

Sponsored Link


11/19の太陽黒点の模様が「柴犬の肉球と一致」と話題になっています。

その模様とは、11/19に「SWC宇宙天気情報センター」で公開された11/19の太陽黒点の状態です。

2014-11-20_053221

SWC宇宙う天気情報センター
http://swc.nict.go.jp/sunspot/

「SWC宇宙う天気情報センター」は太陽嵐(ACE)やフレア(GEOS)の状況を公開しており、その模様がハッキリと「柴犬の肉球」になっていました。

2014-11-20_053431

2014-11-20_053507

そういうこともあるんですねぇ。

公開が「11/19」なので、実際には11/18の写真だと思われますが、プロミネンスも大きくなっていたそうです。

これは、24年ぶりの巨大太陽黒点と報道されており、10/30の報道でこの部分に「巨大黒点が24年ぶりに出現」と報じられています。

太陽に巨大黒点が出現、航空機や衛星に支障―過去24年で最大
天文物理学者たちは現在、過去24年間で最も巨大な太陽黒点群を注視している。黒点が地球側にある時に、フレアと呼ばれる大きな爆発現象が6回発生し、地球上の航行システムや無線通信が断続的に混乱している。
 この太陽黒点は「AR12192」と命名されている。米連邦政府の宇宙天気予報センター(コロラド州ボルダー)の専門家によれば、黒点の広さは地球の表面面積の20倍近くだという。6回のフレアのうち最大のフレアは熱核兵器10億発に匹敵する膨大なエネルギーを生み出した。
http://jp.wsj.com/articles/SB11875414796426453974304580245402114299256

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。