【ID5億件見つかる】11/19、プロキシサーバ業者が一斉摘発し大阪でIDが5億件発見させる

Sponsored Link


11/19、昼間に「不正アクセス禁止法違反」で、全国で「プロキシサーバ業者が一斉摘発」された件ですが、大阪の事業者にも捜索が入っています。

京都府警サイバー犯罪対策課と中京署は、不正アクセス禁止法違反の疑いで、大阪市浪速区稲荷1丁目の「プロキシサーバ業者」を逮捕しています。

逮捕容疑は、昨年4月~今年6月、日本人3人分のIDやパスワードを中国国内の人物から取得した疑いとのことですが、プロキシサーバの件との関係はよくわかりません。ただ、国外からプロキシサーバを経由させて、不正送金(フィッシング)や不正アクセスの手段として、他の人物に利用させていたとのことでした。

その際、押収したデータからなんと5億3千万件のIDデータが見つかったそうです。

こういったデータは「無効データ」や「重複データ」がつきものですが、5億件ともなれば、それなりに有効データもあるでしょう。

別記事:【不正アクセス禁止法違反】11/19、プロキシサーバー管理業者を一斉摘発

つづき:【ロジテック無線ルーター】11/19一斉摘発「プロキシサーバ業者」が所有していたIDはロジテックの無線ルーター「LAN-W300N/R」から流出?

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。