【ブルーインパルス飛行中止】11/16「芦屋基地航空祭2014」(エアフェスタ芦屋)は近くで水難事故のため飛行展示が中止

Sponsored Link


2014-11-16_152926

11/16 福岡県芦屋町の「航空自衛隊 芦屋基地」で行われていた「芦屋基地航空祭2014」(エアフェスタ芦屋)で急きょブルーインパルスの飛行が取りやめになるトラブルがありました。

今年はブルーインパルスの展示飛行が予定されていましたが、付近で水難事故があったため、捜索ヘリコプターが緊急出動するなどの騒ぎとなり、ブルーインパルスの展示飛行は中止となりました。(地上滑走のみ)

F-16ファイティングファルコンの飛行展示も中止になったようです。

なお、午前中の「レッドインパルス」の飛行は行われました。

芦屋基地近くの「芦屋海水浴場」で釣り人が遭難した模様です。

ブルーインパルス展示飛行(T-4戦闘機)
U-125A、UH-60Jのオープニングフライト
T-4、T-7訓練飛行
ペトリオット、軽装甲機動車地上展示

芦屋基地航空祭2014(航空自衛隊 芦屋基地)
福岡県遠賀郡芦屋町芦屋1455−1
http://www.mod.go.jp/asdf/ashiya/

その遭難した男性は?


この男性、実はすぐに近くの漁船に救助されて、自宅に戻っていたそうです。しかし、騒ぎになっていることを知って「もしかして自分?」と思って名乗り出たと報道されていました。

ボートの転覆騒ぎ、釣り人は無事救助 芦屋海岸 [福岡県]
16日午前11時50分ごろ、芦屋町の芦屋海岸沖に、無人のゴムボートが浮いているのを、海岸に来ていた人が見つけた。人が遭難した可能性があり、若松海上保安部と県警のヘリ計2機と巡視艇など4隻が付近を捜索。実際には、既に男性は救助されて自宅に帰っており、無事が確認された。
 若松海保と折尾署によると、男性は1人で釣りをしており、午前10時半ごろ、波を受けてボートが転覆。海に投げ出された後、近くで釣りをしていた人のゴムボートに助け上げられ、そのまま自宅に帰宅していたという。同日午後5時すぎ、テレビのニュースで捜索活動を知った中間市の無職男性(73)が「自分を捜しているのではないか」と第7管区海上保安本部に連絡してきたという。
=2014/11/17付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/127491

ま、ご無事でなによりです。

Twitterの口コミや感想

その他、自衛隊関連記事はこちらです。

別記事:【自衛隊用保存食】自衛隊隊員用の保存食「赤飯」缶詰を被災地で配ったら問題視された件(ミリメシ)

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。