【ヤンキーゴーホーム】トルコ・イスタンブールで米兵が塗料を投げつけられる

Sponsored Link


11/13に投稿されたYoutubeの動画で、トルコ・イスタンブールの路上で(定かではないが)米兵と思われる青年が、トルコ青年同盟の活動家から塗料を投げつけられ、頭からビニール袋をかぶせられるなどする事件がありました。

動画では、米駆逐艦から下船してきた米国人青年をトルコ人が取り囲んでバッシングする姿が記録されています。トルコ人は「ヤンキー・ゴー・ホーム」と繰り返し、頭からビニール袋を被せます。

2014-11-13_225110

米国人青年は危険を感じ逃走しました。

「ヤンキー・ゴー・ホーム」とトルコ人は叫んでいますが、トルコは親米国家であり、欧米によるシリア侵攻の際にも中心的な立場だった国です。このトルコ人青年たちがどのような思想的立場にいるのかわかりませんが、アメリカ人を「帝国主義者」と呼んでいることから、トルコ国内でも現政権に反発する人々がいるという証拠になっています。

なお、このトルコ人は最初から穏やかに行動しているので、本気で拉致しようとしていたものではないようです。

今回の騒動の発端には、2003年7月3日、米空挺部隊がイラク北部のトルコ軍参謀本部を襲撃し、トルコ軍兵士に袋をかぶせて60時間尋問した事件の記録写真が流布されたため、トルコ国内で反米機運が高まったとされています。

記事元:米兵、トルコで塗料浴びる、「ヤンキー・ゴー・ホーム」
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_13/279991532/

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。