【1500年前ローマと交流か】新沢千塚古墳群のガラス皿がローマ帝国のガラスと判明!「歴史に憩う橿原市博物館」裏の新沢千塚古墳群で出土

Sponsored Link


11/13、奈良県橿原市(かしはら)の古墳群(新沢千塚古墳群)で出土した「ガラス皿」と「ガラス括碗」が、ローマ帝国で見つかったローマ・ガラスの化学組成と一致したことがわかりました。

ガラス皿:ローマ帝国ローマ・ガラスと同じ
ガラス括碗:ササン朝ペルシャクテシフォンの王宮遺跡「ベー・アルダシール」のガラス片と同じ

2014-11-13_121917

どちらも紀元前27年から600年時代の西洋から来たものではないかとされ、当時から東西の交流があったことを表す貴重な発見となります。

国内出土のガラス器でローマ伝来と科学的に裏付けられたのは初めてです。

場所は「歴史に憩う橿原市博物館」の裏の新沢千塚古墳群(国史跡)の126号墳(5世紀後半)。

5世紀後半といえば、古墳時代です。

直で交流があったというよりも、西洋から大陸を渡って、さらに海を渡って日本まで来たのでしょうね。

歴史に憩う橿原市博物館
奈良県橿原市川西町858−1
営業時間:9時から17時
休館日:月曜
入館料:300円
http://www.city.kashihara.nara.jp/hakubutsukan/

なお、現在ガラス皿は「東京国立博物館」に所蔵されています。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。