【祝】あの亡命CIA「エドワード・スノーデン」さんに親友ができました!(ただし犬)

Sponsored Link


元CIAで働いていた、米国人亡命者「エドワード・スノーデン」さんが亡命してから、だいぶ経ちます。

そんな中、やっぱりお友達が欲しかったのでしょう。なんとか、オタクにもスノーデンにも親友ができたそうです。(これを書いている11/10 22時時点で日本のニュースではまだ報道されていません)

sndog

もちろん、です!

報じたのはロシアのメディアで「У Сноудена в России появился новый друг」と報じられています。日本語訳すると「スノーデンに新しい男の友達ができたよ、でも犬」です。

記事によると、親友の名前は「リック」君というようです。

エドワード・スノーデン米諜報機関はロシア国内で安全に生活しているとのことですが、彼の1枚の写真がネットで出回っているという記事です。

これは「ロシア24」でも報じられていました。

エドワード・スノーデンさんは、ロシア語と古典文学を勉強中で、この犬畜生「リック」君と平和に暮らしているとのことです。

У Сноудена в России появился новый друг
Бывший сотрудник американских спецслужб Эдвард Сноуден спокойно живет в России. В интернет просочилась фотография, на которой экс-шпион изображен с собакой.
Адвокат Сноудена Анатолий Кучерена рассказал «России-24», что у бывшего информатора появился новый друг. Зовут его Рик.
Сам же Сноуден не так давно признался, что ему не приходится маскироваться в нашей стране, он учит русский язык и читает классическую литературу.
– Я не нахожусь в условиях абсолютной секретности. Я веду довольно открытый образ жизни. Но я не хочу быть знаменитостью. Есть гораздо более важные вещи в мире, чем мое существование, на которых и следует сконцентрировать внимание, – сказал он.
Эдвард Сноуден прославился на весь мир рассказами о том, как американские спецслужбы следят за гражданами США и других государств, в том числе и прослушивают телефоны политических лидеров. Эта информация породила ряд скандалов, в том числе дипломатического толка.
http://www.kp.ru/online/news/1892324/

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。