【抹茶専門カフェ】気軽に本格お茶体験「喫茶去 庵(きっさこ あん)」(奈良県奈良市、和cafe、茶の湯体験)

Sponsored Link

奈良の長屋を和風喫茶にした本格的抹茶専門カフェが「喫茶去 庵(きっさこ あん)」さんです。

気軽にお茶体験ができるカフェで外国人や若い女子に人気になっています。

抹茶専門カフェ「喫茶去 庵(きっさこ あん)」


抹茶専門カフェ「喫茶去 庵(きっさこ あん)」です。

「喫茶去」(きっさこ)というのは禅語で「お茶で一服どうぞ」という意味で、誰でも分け隔てなくお茶でもてなす精神を表現する言葉です。

その言葉を冠に持つのが奈良県奈良市公納堂町の「喫茶去 庵(きっさこ あん)」(和cafe・茶の湯体験)で、町家でお点前(おてまえ)をひとりでも気軽に体験できる茶道入門には最適なお店になっています。

MENU
薄茶・おはぎ(またはスイーツ) 753円
薄茶・干菓子 580円
濃茶・おはぎ(またはスイーツ) 888円
濃茶・干菓子 780円
ぜんざい(もち入り)と薄茶セット 900円

その他、お食事メニューはこちら。

茶の湯体験
点茶体験(薄茶・干菓子付~900円/お1人様)
茶会体験(薄茶・干菓子付~1500円/1人)
茶会体験(濃茶・干菓子付~2000円/1人)

場所は近鉄奈良駅から徒歩20分ほどの「ならまち」という古い町並みの一角です。

shichigosan-300x225

海外からの旅行者でも気軽に体験できるという口コミで、お店には外国人の方もよくいらっしゃるそうです。

ご主人の平野重夫さん(茶名・宗重)は、東京の航空貨物運輸会社で働いていたそうですが、33歳で大阪に転勤となり、奈良に居を構えました。その後、趣味で参加した発掘作業でみた須恵器(すえき)を通して茶器や茶道へ関心を持つようになり、40歳にして裏千家の門を叩き入門しました。その後、猛勉強により弟子を70名まで持つほどになり、退職を機に奈良で2010年に抹茶専門カフェをオープン。今では、海外からもお客さんが来るほど有名となっています。

喫茶去 庵(きっさこ あん)
奈良県奈良市公納堂町6(元興寺極楽坊の東の辺り)
http://kissakoan-nara1.shop-site.jp/

11/8放送の「人生の楽園」で紹介されます。

画像は公式サイトより

「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。