【NORIMI*** ON*SHI】一部でエボラ感染のジャーナリストは日系カナダ人でニューヨークタイムスの記者の「大西※光」とあるのですが、Twitterアカウントはあるものの更新されていませんでした(The New York Times)

Sponsored Link


前の記事:【謎は深まるばかり】10/27エボラ感染の45歳ジャーナリスト(記者)はどこの誰なのか?(珍しくNHKは速報遅め)

一部で日系カナダ人でニューヨークタイムスの記者「NORIMI*** ON*SHI」(大西※光)が、エボラ感染の日系人ジャーナリストではないかと言われています。飛ばし記事かと思いましたが、念のため調べてみました。なお、Wikiから察するに、年齢は44から45歳くらいです。前の記事の、NHK報道にあった「45歳」とは一致します。

当人のリベリア取材の記事は確かにありました。では、日本に来た事実がないかなどを調べようと思って、もしTwitterアカウントがあれば、なにか流しているだろうと思ってTwitterアカウントの検索をしてみました。

探したところ、Twitterアカウントに、それらしきアカウントがありました。

2014-10-27_232104

https://twitter.com/onishinyt

最後の投稿は、2013年2月13日で、一年以上更新されていませんでした。

なお、このTwitterアカウントからは、「ニューヨークタイムス」への記者紹介にリンクがあるので、本人のものに間違いないでしょう。

記事紹介のリンクには、エボラ関係の最新記事が下のほうに一覧になっていました。

彼の記事もありますね。

2014-10-27_233159

NORIMI*** ON*SHI
NORIMI*** ON*SHI became San Francisco bureau chief for The New York Times in April 2012. Previously, he had been a foreign correspondent for nearly 14 years, serving as Jakarta bureau chief between 2009 and 2012, Tokyo bureau chief between 2003 and 2009, and West Africa bureau chief between 1998 and 2002.

In 2011, Mr. On*shi was part of a team whose coverage of the tsunami and nuclear disaster in Japan was named a finalist for the Pulitzer Prize for International Reporting.

Mr. On*shi joined The Times in December 1993. He was a reporter for the Metropolitan section, where over the course of five years he covered City Hall, served as Queens bureau chief, and worked as a rewrite and police reporter.

Prior to joining the paper, Mr. On*shi worked as a business reporter for The Detroit Free Press where he was assigned to a team of reporters covering the automobile industry.

Born near Tokyo, Mr. On*shi grew up in Montreal, Canada, and is fluent in Japanese and French. He received a B.A. in politics from Princeton University in 1992.

ただし、これで彼だと断定するのは早計と言うものです。

また、エボラの可能性があるのは38度以上の発熱で、今回は38度以上ではないので、感染の可能性は低く、あくまでも念のための検査ということは重々書いておきたいと思います。

あと、彼の名前で検索すると妙なものがたくさん検索でヒットしますが、その手の記事は嫌いなので見ませんでした。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。