【ややムカつく】10/26放送の「ニュースな晩餐会」でFM予測による近畿にマグニチュード7の地震予測とか信用できません

Sponsored Link


別記事:【長野地震】11/22 22:08、京都は無事、甲信地方で大きな地震(震度6)が発生しました(長野県で震度6弱)

10/26放送の「ニュースな晩餐会」を見ていました。他の大手ブログさんでは速攻で記事にしていましたが、地震予測研究家「串田嘉男」さんが、FM電波での予測として、近畿地方にマグニチュード7から8の地震が2015年2月中ごろに起きるかもしれないという話でした。

「お墨付き!」でも「地震予知は可能」と書いてきました。しかし、「FM予測」だけは信用できません

最近、この「FM電波による地震予測」は知られていますが、かなり前から、この方は一部では知られてきました。20年前から見てた「東海アマ」などもありますが、当たった試しがありません

毎日のように「危ない」言う方も結構いますし、地震予測番組やるなら、人選んだ方がいいと思います。

中には、あくどい連中もいて、「地震が起こる」とだけ言っておいて、地震が起きたら「ほれ当たった」なんていう連中もいます。

311の時は「予測していた」とか言っている方が多く現われましたが、「いつそんなこと言ってたんだよ」と思うような方ばかりですし、そういう連中取り上げてたら、いつまでも地震予測うさん臭いと思われるばかりです。

地震関係ありませんが、「サブプライムショック」というのがありましたよね。あれも「リーマンショック」が起こる2年前にはアメリカで確実に起こると言われてて、一部では知られていましたが、NHKが「リーマンショック」の直前くらいに報道で取り上げたら、一斉に「危ない」と言いだす方々が増えて、実際起きたら「リーマンショック当てました」とか言いだしている人多いのです。

串田さんはまだ統計取っているから良いのかもしれませんが、「FM予測」とか「オゾン濃度予測」は信頼度低いので、取り上げないほうが良いのではないかと思います。

GPSを使った予測の村井さんを取り上げてもらいたいところですが、「ニュースな晩餐会」なんて、所詮はバラエティ番組ということなのでしょう。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。