【ごみの「開封調査」】10/24 18時からの「FNNスーパーニュース アンカー」で京都市が、ごみの「開封調査」と放送

Sponsored Link


ごみの「開封調査」、京都市で実施という内容で18時からの「FNNスーパーニュース アンカー」でやっていました。

ごみの分別は「協力」ということで今は行われているのですが、それが「義務」になるのではないかという内容した。その中で、プラスチックごみの分別などで分別が進んでいないということで、究極の対策として、ごみの「開封調査」を行って指導していると報道されていました。

2月には条例を通す見通しということですが、実質的には京都市内では6年前から行われていました。

ゴミの分別は東京では前々から行われていましたが京都では最近になってから


東京では、ごみの分別は結構前から行われてきましたが、2008年くらいの京都では、東京のように厳しい分別ごみの区分がありませんでした。だから、普通ゴミとプラスチック製品が一緒に捨てられていました。

たぶん、2010年前後からだと記憶していますが、今は分別ごみルールがちゃんとしてきて、透明のごみ袋にプラスティック製品・ペットボトル。缶類などで区分するようになりました。

京都市で、ごみの「開封調査


上記のように、まだ分別開始から(東京などと比べて)年数が経っていないからなのか、6年前から「ごみの開封調査」をして、徹底しているというのが今の京都のゴミ事情です。

インタビューでは、「開封まではちょっと」という意見と、「そこまでやらないと徹底されない」という意見がありましたが、見られたくなければ分別すりゃいいという話ですね。

あと、個人情報はシュッレダーは基本だと思います。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。