【よく分からない?】10/24、広島県警、21年間交通規制ミス、場所は? どういう違反?

Sponsored Link


10/24 14時頃に、ボソッと共同ニュースがつぶやきました。

広島県警、21年間交通規制ミス
広島県警は、広島市内の交差点で21年間、誤って交通違反を摘発していたと明らかにした。
http://www.47news.jp/FN/201410/FN2014102401001459.html

そんだけ?

とおもったら、スポニチが少し多めに記事にしていました。

スポニチの記事では「安佐南区の交差点」で「車線数を誤って規制」と記載

広島県警、交差点で交通規制ミス21年間 反則金返還へ
広島県警は24日、広島市安佐南区の市道交差点で21年間、誤って交通違反を摘発していたと明らかにした。県内で同様のミスが約50カ所であったといい、県警は反則金を返還する方針。
県警によると、安佐南区の交差点では、車線数を誤って規制していたという。ことし7月15日、交通機動隊員が交差点で摘発した際、誤りに気付き発覚した。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/10/24/kiji/K20141024009160330.html

50か所で21年間というと、相当な数です。

場所はひとつだけ書いてあり「安佐南区の交差点」とだけあり、「車線数を誤って規制」とありました。よく、意味がわかりません。

中国新聞では広島市安佐南区大塚西4丁目の市道交差点で「交通規制ミス」と記載


でも、中国新聞ではもう少し詳しく書いてありました。さすが地元。

交通規制ミス21年1000人超摘発か
広島市安佐南区大塚西4丁目の市道交差点で、交通違反を摘発する際の根拠となる広島県公安委員会の交通規制台帳の記載が21年間にわたり誤っていたことが24日、関係者への取材で分かった。県警がこの間に処理した道交法違反容疑の反則切符は無効となるという。切符処理の総数は千人を上回るとみられ県警は関係書類が残る人に対して反則金を返還する方針でいる。
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=99319&comment_sub_id=0&category_id=110

先ほどの「車線数を誤って規制していた」とは異なり、「交通規制ミス」と記載されていました。

「広島市安佐南区大塚西4丁目の市道交差点」だそうです。

市道とのことなので、県道71号線ではないから、4丁目内の一番大きい交差点付近でしょう。となると、たぶん上のところです。というか、上のとことです。(中国新聞に交差点の写真がありました)

どういう違反でキップを切られたのか?


「車線数を誤って規制」とかだと意味わかりませんけど、「交通規制ミス」であればありえる違反摘発ミスがあります。

上の写真の奥の左折と直進のところを見てください。

ここ白い実線が引かれています。交差点手前30メートル間です。よく警察でも間違えて指導することがあるのですが、交通法規上は「黄色の実線は車線変更禁止で、白色の実線は車線変更可能」になっています。

事例として、白い実線で車線変更すると、警察に指導される場合があります。しかし、それは交通違反ではありません。たぶん、そのことだと思います。

もちろん、推測でしかありませんが、該当しそうなのは、上記です。

他でもありますよね、これ。

もしくは、このわかりづらい矢印か?


2014-10-24_174715

この場所ですが、ズームすると、なんだかよくわからない車線規制の矢印があります。側道ギリギリで、それも交差点の変な位置です。

なんだこれ?

この位置で矢印見えるのでしょうか?
ちなみに、これ「二段階右折」です。21年間ということだから、これじゃないですよね、たぶん。

「通行帯違反」をご存知ですか?


上記の場所ではありませんが、神奈川県警のページにこういう事例があります。これは、高速道路の話です。

「通行帯違反」をご存知ですか?
追い越し車線は、前の車を追い越すために設けられています。複数の車線がある道路では、追い越し車線を走り続けることはできません。
走行車線に通行車両がないのに追い越し車線をそのまま通行し続けたり、追い越しが終わり、元の走行車線に戻ることができるにも関わらず、追い越し車線を通行し続けることは、通行帯違反です。
https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes87007.htm

高速道路で、追い越し車線をずっと走る交通違反!

そ、そうか・・・っはははは。

その後の報道


その後の報道では実際には「4車線道路」なのに、「ルールブック(交通規制台帳)」には3車線ということになっていたというのが、根本的な問題だったそうです。

ということは、場所は大通りの方(高架下)になりますね。

1994年に道路計画で車線が3車線から4車線に変更になったのですが、中央の直進道路が2つになったそうです。

←↑→ 1994年以前

←↑↑→ 1994年の車線変更後

それで、中央2車線が直進になったのですが、ルールブックは修正し忘れていたということです。

これが、21年間続いたということで、この場所で起きた交通違反をなかったことにするというのが真相のようです。

具体的には・・・以下がなかったことになるようです。基本的には「車線に関する違反」が取消という措置です

「左折車線からの直進車線への車線変更」 ※進路変更禁止違反
「右折車線からの直進」 ※指定通行区分違反
「原付の二段階右折違反」 ※原動機付自転車の二段階右折

ただし、スピード違反や信号無視などの違反は取り消しにはなりません。

「広域公園駅」の南から北へ向かう大通りのところが該当します。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。