【茨城新聞虚偽報道謝罪】10/24茨城新聞「ヒマワリで球児応援企画 闘病の女性実在せず」(白血病マネージャー架空、夢咲く花プロジェクト)

Sponsored Link


茨城新聞が2014年7月27日に報道した記事で、「急性骨髄性白血病で闘病生活を送る元高校野球部女子マネージャー(18)が高校球児を応援しようとヒマワリを植える活動を送っている」というものがありました。

しかし、その後の取材でこの元マネージャーが存在しないということが判明し、10/24の記事で謝罪記事を出しています。

2014-10-24_095544

これは、記事によると、中部地方の20代女性が作り上げた架空の人物とのことで、この女性が元マネージャーと偽って活動を主導していたと報じています。

女性からは謝罪も


女性は事実を認め、「本当に申し訳ない、誰かに認めてもらいたかったり、心配してもらいたくて軽い気持ちでやってしまった。反響が広がり本当のことが言えなくなってしまった。」と茨城新聞の取材で謝罪しています。

女性演じた元野球部白血病マネージャーとは


昨年発症し、急性骨髄性白血病で闘病生活を送る元高校野球部女子マネージャー(18)という設定。そのため、野球部のマネージャーを辞めざるをえなかったのですが、2014年4月に県内の社会人野球クラブにメッセージを送ったことをきっかけに、このクラブのマネージャーを務めることになったというものです。

さらに、その社会人野球クラブとグラウンドにヒマワリを植える「夢咲く花プロジェクト」という活動を始めたとしています。

県内の社会人野球クラブも信じた


県内の社会人野球クラブも、この話を信じて活動を促進し、フェイスブックやブログで希望者にはひまわりの種を郵送するなどしていました。

2014-10-24_100359

フェイスブックでの紹介文
JBCA日本野球指導者協会が運営するプロ養成硬式野球クラブチームのJBCA鹿島ドリームスでマネージャーをしている通称”ゆっこ”が現在急性骨髄性白血病で闘病中で直接応援できない為、夢を追う球児たちを応援したいと言う想いから立ち上がったプロジェクトです!

フェイスブックでも上記のように告知されています。「JBCA日本野球指導者協会」が運営する社会人野球チーム「JBCA鹿島ドリームス」というチームです。

夢咲く花プロジェクト〜ゆっこと球児の夢を乗せて〜
https://www.facebook.com/events/330357100450932/?source=1
http://ameblo.jp/jbca89/entry-11878904307.html

※Facebookの該当ページは、その後見られなくなっています。

2014-10-24_101634

アメブロにもブログがあります


アメブロにもブログがあります。

2014-10-24_123954

t02200124_0800045012974675849

t02200391_0720128012974675850

Youtube映像もあります


このプロジェクトではYoutube映像もあります。制作は「JBCA日本野球指導者協会」です。

現在闘病中のマネージャーが書いた絵を­シンガーソングライターのしおりさんの一枚の写真に載せてアスリート応援番組「アスラ­ジ★」が編集

と書かれています。

茨城新聞はSNSの取材で実際には会えずに報道


茨城新聞は取材申し込みをしていましたが、闘病生活で会えないという理由で、SNSのみでの取材だったそうです。また、その後に亡くなったという話が出て、その確認取材を行っていたところ、架空の人物であったことが判明して、今回の謝罪記事となりました。

2014-10-24_102039

上は7/27の虚偽記事の元URL(現在記事はありません)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14063887207390

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。