【地下世界】エディンバラのロイヤルマイル地下には「Real Mary King’s Close」と呼ばれる地下遺跡がある

エディンバラのロイヤルマイル地下には「Real Mary King’s Close」と呼ばれる地下遺跡があります。とにかく、怖いと評判になっています。

広告

エディンバラのロイヤルマイル地下

元々は住宅の並ぶ地域だったのですが、劣悪な環境にあったということで、市街地整理という名目で全部埋めてしまったといういわくつきのエリアで、埋めた後に再開発したのですが、今でも地下には当時の街並みが残っており、観光ツアーなどが行われています。

真っ暗な地下世界の中に当時の道路や建物があり、一部では「心霊スポット」としても有名で、ホームページではツアーが紹介されており予約で人気となっているそうです。日本語パンフレットもあるようですよ。

エディンバラには他にも、エディンバラ城地下にアメリカ独立戦争の捕虜収容所があった噂。そして、テンプル騎士団が聖杯を隠したという言い伝えも残るなど面白い町になっています。

The Real Mary King’s Close
2 Warriston’s Close
High Street
Edinburgh EH1 1PG
http://www.realmarykingsclose.com/

エディンバラ
スコットランドの首都。地名は「エドウィンの城」の意味。火山の溶岩の上に形成された街であり地盤が強固である。

Twitterの口コミや感想

ロイヤルマイルをぶらぶら歩くのも好き #エジンバラ #ロイヤルマイル #edhinburgh #lumixgx7

めいゆめさん(@yukamayume723)がシェアした投稿 –


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。