【NHKオレンジブック】10/17、英国の新聞「THE TIMES」で安倍政権に都合の悪いことは書かない「オレンジブック」(ルール)があると指摘

Sponsored Link


この記事は10/17に書いた記事をリライトしたものです。

2014-10-18_203342

10/17、英国の新聞「THE TIMES」で興味深い記事がありました。NHKのオレンジブック(報道規制ルール)を入手したところ、安倍政権に都合の悪いことは書かないというようなルールがあるということです。

推測ですが、英国のNHK海外特派員から入手した可能性は高そうです。

内容は、日本のNHKは「南京大虐殺」「従軍慰安婦問題」「中国との領土問題」について、安倍政権から報道を禁止するよう要請されていたというものです。

「THE TIMES」記事の最後には、保守的思想を持つ安倍晋三政権の意に沿うべきルールがあると明確に書かれています。

これらは、NHKの内部文書を入手し、そこに書かれていた内容だと「THE TIMES」では報じていました。

Japan’s ‘BBC’ bans any reference to wartime ‘sex slaves’
A ban on reference to the Rape of Nanking is seen as a surrender of editorial independence by Japan’s public broadcaster, NHK
Japan’s public broadcaster, NHK, has banned any reference to the notorious Rape of Nanking, to the country’s use of wartime sex slaves, and to its territorial dispute with China, in what critics see as a surrender of its editorial independence.
In a secret internal document, obtained by The Times, journalists on NHK’s English-language services are instructed about the precise phrasing to be used in reporting some of the most controversial topics in Japanese politics. The rules appear to reflect the position of the government of Shinzo Abe, Japan’s conservative nationalist prime minister.
http://www.thetimes.co.uk/tto/news/world/asia/article4239769.ece

安倍政権発足後、総理は朝日新聞やNHKなどのトップと何度となく会食していると言われてきました。インターネット上でも右傾化が目立ってきました。(ネットでは小泉政権くらいからで、古くは20年近く前のゴーマニズム宣言が流行った時期くらいから、そういう傾向にありますが)

こういった状況は今回はじめてということでもありません。かつてから、海外メディアでは報じられている内容が、アメリカと日本だけは報道されないことなど日常茶飯事です。

そういった内容は主にアメリカに都合の悪いこと(厳密にはイスラエルに都合の悪いこと)、またロシア・中国に都合の良いことなど様々ですが、インターネットでは情報ブログなどで記事になることもあります。

しかし、そういった内容は他で取り上げられることもなく、都合の悪いことは「陰謀論」で済ます風潮もあります。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。