【喜多方駅の階段】ずいぶん低姿勢な貼り紙が多い喜多方駅の構内階段が話題に(福島県喜多方市町田)

Sponsored Link


10/17に「ずいぶん低姿勢な喜多方駅の階段」が話題になっています。

Twitterの投稿には写真が添えられており、段差ごとにシールが貼られています。シールには以下のようなメッセージが書かれていました。

2014-10-18_035454


「階段があって申訳ございません」
「階段は全部で32段あります」

場所はJR磐越西線(郡山駅~会津若松駅)の「喜多方駅」構内階段です。(福島県喜多方市町田)

また、段差ごとに「上り」と書かれており、なぜそこまで階段を卑下するのかという位の勢いで「低姿勢」を貫く姿は、むしろ清々しい気分になります。

また、その他にもメッセージがあり。


「天気のいい日は飯豊連峰が見えます」
「ここは21段目です」
「上までもう少しです 元気をだしてください」

など、乗客を励ますメッセージなども見られました。

段数表記はいらない情報のように見えますが、目標と現在到達点を明記することで、チャレンジャーに目的意識を持たせるなどの効果が期待できるとオスミツキでは勝手に考えています。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。