【MRJとは】「YS11」以来の国産旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が開発される、受注増で求人も?

Sponsored Link


2014-10-17_154044

10/18、三菱重工業の子会社「三菱航空機」がはじめて新型の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の初号機を公開する予定です。


試験飛行は2016年4月から6月
本格納入は2017年

エンジンは三菱がP&W社に「MRJ専用エンジン」として発注した「Pure Power PW1000Gシリーズ」が搭載されます。このエンジンは燃費が向上しつつも騒音が低減しており、燃費は二割減になっています。

座席数は「70~90席」と小型旅客機。しかし、世界最先端の空力設計技術を用いた次世代機となっています。

価格は「約42億4000万円~53億円」となる見通しで、国産飛行機は1962年の「YS11」以来となります。

すでに、全日本空輸やトランス・ステーツ、スカイウエスト、マンダレー航空などから発注を受けています。

三菱重工「MRJ」
http://www.mhi.co.jp/recruit/shinsotsu/project/vol4/

すでに403機受注で組み立てスタッフが募集されている模様


この「MRJ」ですが、すでに403機受注で組み立てスタッフが募集されている模様です。

「Yahoo!知恵袋」にこんな投稿がありました。

三菱はMRJを403機製造予定らしいです
求人サイトでもMRJの組立てスタッフが正社員で募集してました

高卒以上、学力不問、未経験者歓迎、正社員、となってますが
旅客機を造る(組立て)作業はそんなに人が足りないのでしょうか?

それに、飛行機の知識がない人でも本当に出来るのでしょうか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13136944063

実際に募集も行われていました。

【国内初】リージョナルジェット旅客機開発の開発支援

年収は500-700万円。

航空機の機能試験・飛行試験

年収は400-1000万円。

■国内初となるリージョナルジェット旅客機、三菱航空機(株)の三菱リージョナルジェット(MRJ)開発・意見・運用支援を担当頂きます。
■プロジェクト支援、開発保証、飛行試験、運航・整備評価及び支援
■航空機開発プロセスにおける各種開発支援(開発保証、運航整備に関わる設計や各種調整作業)

2014-10-17_155455

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。