【またデマ?】10/16東亜日報記事「韓国釜山 国際電気通信連合でエボラ出血熱に感染」はデマか?

Sponsored Link


10/17 9時頃、大手保守系ブログなどで「韓国釜山 国際電気通信連合でエボラ出血熱に感染」と記事が出ています。これは「東亜日報」が報じたとあります。

東亜日報が報じたところによると、韓国・釜山でエボラ出血熱に感染している疑いのある人物が1人確認されたという。べクスコ2014国際電気通信連合全権会議の仮想会議場で参加者20人の中で1人が発熱検出器に検出された。検出された人物はギニアからの参加者で体温が38.1度あったという。釜山市は緊急対策として患者に、個人防護服が支給されるなど隔離されたという。

元ネタは10/16の「東亜日報」記事なのですが、すでにこの記事は削除されています

2014-10-17_122301

他にも結構拡散されていて、「感染した男性が行方不明」という内容で投稿されたブログ記事もありました。

しかし、「中央日報」では報じられておらず、韓国釜山で開催される「べクスコ2014国際電気通信連合全権会議」にエボラ出血熱で騒がれている国からも参加者があること、そして韓国政府が「エボラ出血熱」に対応する必要があると考えているという記事があるのみです。

【社説】エボラ流入防ぐコントロールタワーが必要だ=韓国
193カ国の情報通信技術(ICT)専門家が参加して20日に開幕する「釜山(プサン)国際電気通信連合(ITU)全権会議(総会)」を前に、エボラウイルスの国内流入を憂慮する声が高まっている。エボラ感染患者が多数発生したギニア・リベリア・シエラレオネなど3カ国から35人が
http://japanese.joins.com/article/374/191374.html?servcode=100&sectcode=110

エボラ発生国176人、釜山へ来るが
リベリア・シエラレオネ国籍の35人と2次感染で死亡者が発生したナイジェリア・セネガル・コンゴ国籍141人などエボラ発生国家出身者176人が参加登録をした。
http://japanese.joins.com/article/334/191334.html?servcode=A00&sectcode=A00

「東亜日報」がすでに記事を削除していること、そして他で報じていないことから誤報の可能性が高いと言えるでしょう。

主に「ネトウヨ」系で速報されていますが、拡散目的か「Yahoo!知恵袋」にも書かれていました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13137008033

あと、「朝鮮日報」にも該当する記事は見当たりませんでした。

あるのは「医療チームの派遣」という記事と「会議期間中に障害者向けIT機器体験館開館」くらいです。

エボラ熱で医療チーム派遣を決定 朴大統領が表明
イタリアを訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領は16日(現地時間)、ミラノで開幕したアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の全体会議に出席し、「韓国は、感染が拡大するエボラ出血熱に対応するため人道的支援に続き医療陣の派遣を決定した」と表明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/17/2014101701052.html

障害者向けIT機器体験館開館へ 釜山ITU会議期間
韓国未来創造科学部と韓国情報化振興院(NIA)は17日、釜山の展示コンベンションセンター・BEXCOで開催される国際電気通信連合(ITU、本部ジュネーブ)全権委員会の会期(20日~来月7日)に合わせ、障害者向けの情報通信支援機器の体験展示館を運営すると発表した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/17/2014101701445.html

Twitterの口コミや感想


Twitterでも「デマでしょ」という話はありました。「誤読」という話ですね。
元記事は「釜山の国際会議でエボラが発生したらどう対応するか!?」という記事とのことでした。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。