【福島第1放射能】10/9に2号機付近の井戸で最高値を観測「トリチウム濃度が10倍超に=海近くの地下水で-福島第1」

Sponsored Link


10/11、他のメディアでは話題になっていませんが、時事通信が報じたところによると、10/9の井戸水の採取でトリチウムが1リットル当たり15万ベクレル検出され2号機付近の井戸で最高値を観測と報じられました。

10/2に採取した時の10倍となっており、地下水のトリチウム濃度では最高値を更新しました。

同じく、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質も同120万ベクレルで過去最高値となっていました。

また、別の井戸でも、ベータ線を出す放射性物質が過去最高の同210万ベクレルとなり、10/2の2倍となっています。

東電では、台風18号の影響としています。

第1原発1~4号機の東側井戸は34箇所あり、今回の調査では3箇所で記録更新となっています。

トリチウム濃度が10倍超に=海近くの地下水で-福島第1
福島第1原発2号機東側の港湾近くに設置された井戸で9日に採取した地下水から、トリチウムが1リットル当たり15万ベクレル検出されたと発表した。前回採取した2日と比べ、10倍超に濃度が上昇した。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014101100288&g=soc

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。