【噴石】御嶽山で撮影していたことで亡くなられた結果に

Sponsored Link


ネットニュースで「御嶽山噴火」にて亡くなられた方々を調査していた医師の話が出ていました。それを見て、自分のもしあのような場にいたら撮影していただろうなと思い、これはなにかあったらすぐ逃げるのが先だと思い知らされました。

2014-10-10_130505
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000011-mai-soci

亡くなられた方々の多くがカメラに噴火時の撮影場面があり、噴石の直撃を受けた跡があることが分かりました。

噴石の速度は時速300~800キロほどあったそうで、そんなものがどんな小さなものでも当たれば堪ったものではありません。

それも周囲に無数に飛んできたというのだから、いち早く山小屋に逃げられた方が助かったというのも分かります。

もし、いち早く逃げていれば、もしかしたら助かっていたかもしれないというのは仮定なのかもしれませんが、分かれ目はほんの小さな差であることは確かなのかもしれません。

自分も、もし同じ状況かだったら、きっと撮影しちゃうと思います。

この記事を見て、そうではなく、すぐに逃げることが大事なんだと痛感しました。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。