【レビュー&注意点】「プラスケイ新ポイントカード」の楽天スーパーポイントで買い物してみた

Sponsored Link

先日、最速レビュー「楽天スーパーポイントが貯まるサークルK・サンクスの「+K」(プラスケイ)」を書いてレビューしました。

2014-10-01_122836

その後、実際に買い物したり(現金で)しましたが、今回はポイントで買い物をしてみました。

すると、思わぬ落とし穴(注意点)があることが分かりました。まぁ、これについては「やっぱりな」という人も多いと思います。

「総保有ポイント」すべて使えるわけではない


実際に「+K」(プラスケイ)」でポイントを使った買い物の前に、自分の楽天ポイントは以下のようになっていました。

楽天キャッシュ 4777ポイント
楽天スーパーポイント 3000ポイント

そして、実際に買い物(803円)してみた結果が・・・

楽天キャッシュ 4777ポイント
楽天スーパーポイント 2197ポイント

でした。

つまり、使えるのは「楽天スーパーポイント」だけで「楽天キャッシュ」は使えないという話でした。確かに「楽天スーパーポイント」で買い物できると書いてあるので嘘偽りはありません。

「保有ポイント」と「利用可能ポイント」とありますので、後者の「利用可能ポイント」が実質的に使える金額になります。

「楽天スーパーポイントの利用可能ポイント」

「楽天スーパーポイントの利用可能ポイント」+「楽天スーパーポイントの仮ポイント」+「楽天キャッシュ」+「楽天キャッシュ」

楽天キャッシュとは


この使えない方の「楽天キャッシュ」というのがわかりづらいです。

この「楽天キャッシュ」は「楽天スーパーポイント」とは別物で、これは公式の解説に掲載されています。以下図は公式サイトより。

2014-10-10_114257

これはポイントではなく、オンライン電子マネーという位置づけにあります。

クレジットカードで買えるポイントと考えると分かりやすいです。

この仕組により、楽天での買い物時に「楽天キャッシュから優先して使う」や「楽天スーパーポイントから優先して使う」といった形で楽天での買い物に使うことができます。

しかし、サークルK・サンクスの「+K」(プラスケイ)」では「楽天スーパーポイント」しか使えないという仕組みなわけです。

楽天アフィリエイトの報酬の内訳に注意


「楽天アフィリエイト」での報酬は場合によって支払い形式が異なります。これは普段から使っている方はご存知だと思いますが、以下のようになっています。

  • 報酬額3000円までは「楽天スーパーポイント」で受け取る
  • 報酬額3000円以上は「楽天スーパーポイント」で3000ポイント分受け取り、残高は「楽天キャッシュ」で受け取る。
  • 報酬額10万円以上は全額銀行振込になる。

つまり、8000円の報酬は「楽天スーパーポイント3000P」+「楽天キャッシュ5000P」での受け取りになります。

ということは、アフィリエイト収入の内3000ポイントまでしか、サークルK・サンクスの「+K」(プラスケイ)」では使えないということになります(毎月)。

【注意】なお、「楽天キャッシュ」の受け取りは楽天銀行口座もしくは楽天カードとのリンク登録(事前登録)が必須となっており、登録していないとアフィリエイト報酬の「楽天キャッシュ」分報酬は繰越もなく毎月消えていきます(笑)。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

残った「楽天キャッシュ」はどうすればいいのか?


これは2つの手段があります。

  • 換金する(プレミアムサービス、10%手数料)
  • 楽天で買い物して使う

換金するという手なのですが、楽天銀行口座への送金で手数料10%必要であり現実的ではありませんが、アフィリエイターが換金するには10%を上納する必要があるわけです。

ちなみに「楽天Edy」に移行できるのも「楽天スーパーポイント」だけです。

アフィリエイトしないなら問題ない


楽天アフィリエイトしないなら、楽天での買い物や「+K」(プラスケイ)での買い物で「楽天スーパーポイント」が貯まるだけなので問題ありません。

問題は「楽天アフィリエイト」の報酬が3000円以上は「楽天キャッシュ」で支払いされるという仕組みだけなのです。

EdyとRポイントが合体した「Edy-Rポイントカード」


EdyもRポイントカードも持っていないなら、両方の機能をもったカードもあります。まぁ、スマホでも代用できますが。

Sponsored Link


当店限定商品★新発売iPhoneやスマートフォンにつけると便利!【楽天スーパーポイントが貯まる】楽天Edyストラップ【R】

その他の「Rポイントカード」関連記事はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。