【秋葉原小さい】地名の「秋葉原」はアキバビルのある狭いエリアのこと、そして古書店とは「○○堂@秋葉PX」のこと

Sponsored Link


先ほども書きましたが、10/6夜の報道で「イスラム国に参加しようとしていた北大生捜査」というニュースがありました。

※家宅捜査された「イスラム法学者」については別記事にしました※

※古書店で募集していたチラシはこちら※

北大生は古書店に貼ってあった「イスラム国参加」を促すチラシを見て応募したものと思われます。田母神の情報では、すでに日本人9名がシリア入りして「イスラム国」に参加しているとの情報もあります。また、自由シリア軍に参加している日本人も過去に参加が確認できています。

なお、2ちゃんねるでは「左巻き連中のしわざ」みたいに書かれているのですが、ハッキリ言いますが、これは右巻きの側の人が参加する方です。

報道では秋葉原の古書店とされる


では、この古書店はどこなのでしょうか?
報道では以下のように書かれています。

日経:東京都千代田区の古書店内
時事通信:東京・秋葉原にある古書店
スポーツ報知:東京・神田の古書店

マチマチですが、実はこれ全部「秋葉原」のことを言っています。

地名の「秋葉原」はアキバビルのある狭いエリアのこと


ここで予備知識なのですが・・・・

秋葉原も神田も千代田区ですが、本来の地名で言う「秋葉原」というのは非常に狭いエリアで、皆さんが一般的に思っている秋葉原は駅周辺のことを言います。

俗にいう秋葉原とは「千代田区外神田」「神田佐久間町」「台東区の一部」のことを言います。そして、地名で言う秋葉原とは実際には「アキバビル」のあるところが「秋葉原」という地名なのです。

「イスラム国参加」を促すチラシを貼っていた古書店とは?


つまり、報道されている古書店は「神田」にあり、秋葉原に近い位置にある古書店ということになります。

東京で古本屋さんがあるのは「神保町」です。ここも神田なのですが、町名が「千代田区神田神保町」なので、「秋葉原」とは言いません。

ということは、「千代田区外神田」「神田佐久間町」の古本屋なのですが、実は北海道新聞にその古書店の写真が掲載されています。

2014-10-07_024532

北大生、イスラム国参加計画 「戦闘員に」警視庁が聴取(北海道新聞)より

これを見る限りでは雑居ビルの中で、昔からある古い古書店ではないことが分かります。

もう、面倒くさいので、ずばり書きますが「星雲堂@秋葉PX」(ニュー秋葉原センター)です。

ニュー秋葉原センター
東京都千代田区外神田1丁目16−10

先ほどの北海道新聞の現場写真ですでにまるわかりなのですが、この古書店の写真をブログに掲載されている方がいましたのでご紹介します。両方見ると、北海道新聞に掲載された古書店は「星雲堂@秋葉PX」であることが確実に分かります。

http://akhp.jp/log/a201404.html#0419p

星雲堂@秋葉PX


ここ、2014年4月1日にオープンしたばかりの自称「秋葉の怪しい古書店」です。(ブログにそう書いてあります)

○○堂
ニュー秋葉センター1Fの一番奥
http://seiundo.su/
https://twitter.com/seiundo

Twitterは元気に10/6の20時頃まで更新されています。たぶん、捜査の直前まで更新していたようです。

ただ思うに、この古書店がそういう過激な思想だったということではなく、なんとなく思うのは「悪ノリしてただけ」という感じがします。まぁ、ちょっとトンデモ系の古書店なのです、ココ。

ニュー秋葉原センターが突然のメンテナンス


「ニュー秋葉原センター」の開店情報(ラジオ会館のブログ)には以下の記事があります。

【開店情報】ニュー秋葉原センター内に古書店「○○堂 秋葉PX」
http://www.radiokaikan.jp/press/?p=94338

しかし、10/7 深夜3時時点ではメンテナンスになっています。アクセス集中があったのかもしれません。なお、一部でビラの写真が掲載されていたサイトと書かれていますが、ビラの写真を掲載しているTwitterアカウントでは店舗情報へのリンクが記載されているだけです。

2014-10-07_030340

画像は「ニュー秋葉原センター」のブログより

古書店で募集していたチラシと詳細はこちら

つづきの記事:【イスラム法学者】「星雲堂@秋葉PX」と一緒にガサ入れされたイスラム法学者とは?N.Kが自身のTweetで告白

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。