【注意喚起】「イスラム国」に参加しないで!刑法93条「刑法の私戦予備および陰謀の疑い」に抵触

Sponsored Link


10//6のニュースで「イスラム国」に参加しようとした大学生が刑法93条「刑法の私戦予備および陰謀の疑い」で捜査され、勧誘していた団体を家宅捜査する事件が起きました。日本人が参加しようとしていたということで衝撃を受けています。

先日も書きました「【イスラム国】田母神伝「イスラム国に9人の日本人が参加しているらしい」とロイターが報道」では、日本人が9人すでに参加しているとされていましたが、実際のところ本当かどうか分からない状況だったのですが、本当に募集されていたということです。(記事では秋葉原の古書店に募集ビラが貼られており、別の仲介の男が千代田区のアジトで活動していたそうです)

※どこの古書店かは別記事にしました※

※家宅捜査された「イスラム法学者」についても別記事にしました※

※古書店で募集していたチラシはこちら※

なお、2ちゃんねるでは「左巻き連中のしわざ」みたいに書かれているのですが、ハッキリ言いますが、これは思想的には右巻きの側の人が参加する方です。

刑法では、外国に対して私的な戦闘行為をすることを明確に禁じており、このような行為に対して、私は個人的に懸念を持ってきました。

1980年代に一度「日本人傭兵ブーム」がありました。

戦後すぐから1980年代くらいまでは結構そういう話はあって

柘植さん
毛利さん
高部さん
鈴木さん

といった方々がフランス外人部隊やグリーンベレーなどに身を寄せました。「日本赤軍」なんてのもそうですね。

フランス外人部隊やグリーンベレーなどの場合は、必ずしも戦闘行為を伴うわけではありませんし、私的なものでもないのですが、毛利さんは東南アジアの民族戦線に参加されていましたし、高部さんも私的にアフガンに行っています。

鈴木さんはフランス外人部隊除隊後に英国の警備会社に就職されてイラクでなくなられています。(これらの方々は別に捜査されてはいないようですが)

また、上には書いていませんが、今でも東南アジアでゲリラ活動を続ける日本人がひとりいます。ググれば見つかると思いますよ。ネットで活動を書いているので。

以前書いたのですが、シリアでも自由シリア軍に参加した日本人が5名ほど存在しています。実名・職業まで以前調査をしましたが色々と問題があるので公開は控えます。(これらの方々も捜査されたとは聞いていません)

これらすべて刑法93条「刑法の私戦予備および陰謀の疑い」に抵触する行いです。

戦争は体験しなければ、若いころは「カッコイイ」と思うかもしれませんが、実際に第二次世界大戦で空襲を受けたり戦地に行った親戚は誰もが「あんなことは二度とあってはならない」と二度と戦争はしたくないと語っています。

戦争はひとりの問題ではなく、他人も巻き込む行為です。

日本は「平和ボケ」と言われますが、平和でなにが悪いわけでもありません。私はずっと平和であってもらいたいと思います。食べたいものもたべられず怯えて暮らすのは嫌です。

イスラム国:警視庁、北大生ら事情聴取 私戦予備の疑い
http://mainichi.jp/select/news/20141007k0000m040070000c.html

つづきの記事:【秋葉原小さい】地名の「秋葉原」はアキバビルのある狭いエリアのこと、そして古書店とは「星雲堂@秋葉PX」のこと

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。