【竹を避けて運転】10/6の近鉄京都線で線路の倒れた竹をパンタフラフを下げて避けながら運転

Sponsored Link


10/6 8時前頃、京都の近鉄京都線(平城駅~高の原駅間)で「惰性運転」が行われました。

原因は強風の影響で岳が線路に倒れかかって、電線に引っかかったためです。電車は、そのままパンタグラフをおろして走行しています。

場所は近鉄京都線(平城駅~高の原駅間)の下り線63号柱及び70号柱付近で、ちょうど山間部を抜けるところです。

「惰性運転」自体はあることなのですが、それが「根性あるなぁ」と話題になっています。なお、近鉄京都線は10分遅れ程度で平常運転となっています。

なお、11時の時点で京都市内は雨は降っていないところもあります。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。