【複雑すぎる国】トルクメニスタンの国旗が複雑すぎるが国内事情も複雑すぎた?

Sponsored Link


「国旗」といえば、単純なマークであることが多いです。国を象徴するマークを複雑にしないのは世間の常識とも言えます。

しかし、そんな常識が通用しない国もあるのです。
それが「トルクメニスタン」(Turkmenistan)です。

複雑すぎる国旗を持つ国


2014-10-06_103734

こんな感じになっています。
まるで絨毯のようです。

拡大すると。。。

2014-10-06_103911

非常に複雑なマークがありますが、これは伝統産業の「絨毯」をイメージしており、主な部族を象徴しています。

トルクメニスタンは「天然ガス」の産出が多く、豊かな国


トルクメニスタンは「天然ガス」の産出が多く、豊かな国なのですが、長年独裁政権が続いている独裁国家です。

有名なのが

金歯禁止

要するに、大統領の気に入らないものは禁止になるということです。

また、国中に大統領の銅像が立ち並ぶ個人崇拝の国でもあります。

こういう国家だからこそ、大統領の感性が国旗に反映されたということなのでしょう。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。