【アベノミクスで破産】9/24、円安の影響を受けて100均ショップ向け商品を製造する「井上工業」が自己破産

Sponsored Link


2014-09-25_160233

9/24、円安の影響を受けて100均ショップ向け商品を製造する「井上工業」が自己破産しました。

負債額は33億2700万円。

2005年7月期には年売上高約46億1600万円を計上。
2010年7月期の年売上高は約25億200万円にダウン。
その後業績は2013年7月期は年売上高約38億4200万円にまで回復するも

アベノミクスと黒田日銀の政策の影響を受けた円安(最近の円安はドル高の影響もある)により、中国からの仕入れ価格が高騰して業績が低迷していました。

2013年秋以降、この傾向が強くなっており、支払い遅延などを繰り返し、自己破産の準備に入ったそうです。

アベノミクスによる物価上昇によるスタグフレーションおよび円安政策によるコスト増加による景気低迷は何度となく語られてきました。それがもはや現実化した以上、本当にアベノミクスを賞賛してきたことが正しかったのか再点検することが経済を操縦するために必要な施策です。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。