【偽僧侶】9/22秋葉原で中国の?偽僧侶が目撃される、金をせびるらしいです

Sponsored Link

2014年1月に中国の新聞社が『中国が偽僧侶「大量輸出」か―街頭に出没し寄進強要、英で注意喚起』というのを報じています。この偽僧侶は日本でも話題になっています。
秋葉原の中央通りに出現して、外国人観光客をターゲットにしているようです。
2014年の5月には上野公園でも目撃情報があります。

9/22秋葉原で中国の?偽僧侶が目撃される

秋葉原の裏通りで、偽僧侶が目撃されています。

これは、2012年のYoutube動画でも存在が確認できますので、数年前からいるようです。

偽物なのかは不明で、本物であれば布施自体は問題ないとは思いますが、偽物だと言われています。

Twitterの口コミや感想

2014年1月の記事

中国が偽僧侶「大量輸出」か―街頭に出没し寄進強要、英で注意喚起
http://news.livedoor.com/article/detail/8473490/
 中国新聞社は27日付で英国メディアを引用し、同国のチャイナタウンで僧侶の恰好をして寄進を求める中国人が増加していると報じた。これまでに仏教修行者である確認はとれておらず、「偽僧侶」である可能性が高い。英国内の仏教団体は「偽物だ」として注意を呼びかけている。

 中国国内では偽僧侶が“善男善女”から金銭をだまし取る例が相次いでいる。国外ではオーストラリア、米国、カナダで相当に多く発生している。英国ではこれまでのところ比較的少なかったが、このところ急速に増えだしたという。

 多くの場合、僧侶の外見をしている人は護符や念珠を渡し、仏の加護を祈り、寄進を求める。「パリで欧州最大の寺院を作るから」となどと言う場合もあるが、同一人物がパリなどで「ロンドンで欧州最大の寺院を作る」などと言って、寄進を求めていた例もある。

 英国内には中国系住民による寺院があるが、いずれの寺院も「施設の新築や増築の計画はなく、欧州の他の地域で寺院建設などが計画されていることも、聞いたことがない」と説明した。

 ロンドン仏光山によると、ロンドンンで寄進を求める活動を行う場合には、集団で行い、地元当局や商工会の許可を得てから行う必要がある。出家者が個人で行うことはありえないという。

 中国系住民の劉さんによると、街頭で僧侶の恰好をしている人からに護符を渡され「これが一家の平安を守ってくれます」と言われた。劉さんはキリスト教信者であるので婉曲に断ったが、相手は劉さんに護符を強引に握らせ「とにかく受け取りなさい。信じようが信じまいが、一家の平安を守ってくれます」と言った。

 劉さんは護符を返すと言いにくくなりカバンにしまった。すると相手は即座に「施主よ。お助けいただけないでしょうか。善事をする気持ちはありませんか。いくらでもかまいません」と言いだした。

 改めて自分がキリスト教徒であり、寺院建設に寄付をするのは好ましくないと説明し、護符を返そうとすると、相手は血相を変えて「護符がなくとも、あなたは(仏に)守られているのだぞ」などと怒鳴りはじめたという。

 僧侶の恰好をしている人が手渡す護符や念珠は中国では0.2-0.3元(約3-5円)程度の価格だ。一方で、1人当たりから多い場合には10ポンド(約1700円)程度の“寄進”を集めているという。

 英国当局によると、過去5年間に中国の仏教寺院に所属する僧侶に、入国ビザを出したことはない。また、入国統計でも、中国から僧侶が観光、ビジネス、留学などのビザで英国に来た例はないという。

 在英中国系住民が設立した仏教団体はいずれも、「偽の僧侶。他人の金銭をだましているばかりでなく、出家者のイメージを壊している」として怒り、「路上であなたに寄進を求める者はすべて、本物の出家者ではありません」として注意を呼び掛けている。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。